楽天モバイルとiPhoneの相性はバッチリ。ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneで使える端末を解説

楽天モバイルとiPhoneの相性はバッチリ。ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneで使える端末を解説

楽天モバイルの格安simをiPhoneで使いたいけど使えるの?
初期設定とかどうすればいい?
と悩まれている人も多いですね。

 

しかし、安心してください。

 

ほとんどのiPhone端末が対応していますし、乗り換えも思った以上にカンタンにできます。

 

また楽天モバイルとiPhoneの相性は非常にいいです。

 

事実毎月測定している速度も混雑時でも上がり傾向で、快適さは増しています。

 

ここでは動作確認済みの端末やネットに接続する設定方法を解説します。

 

楽天モバイルの格安simが使えるiPhone端末

楽天モバイルの格安simで動作確認済みのiPhoneは、

 

iPhone 5(SIMフリー版)(モデル A1429 GSM)
iPhone 5s(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1453)
iPhone 5c(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1456)
iPhoneSE(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1723)
iPhone 6(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1586)
iPhone 6 Plus(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1524)
iPhone 6s(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1688)
iPhone 6s Plus(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1687)
iPhone7(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1779)
iPhone7 Plus(SIMフリー版/docomo版)(モデル A1785)

 

iPHone4/4Sは3G専用の端末なので楽天モバイルのsimではデータ通信ができなくなっています。

ドコモ版のiPhoneを持っているケース

ドコモ版のiPhoneの場合は、楽天モバイルがドコモの回線を使っているのでsimロック解除せずに使用できます。

 

もちろんsimロック解除すればau回線のマイネオやIIJ、UQモバイルの格安simも利用可能になるので、格安simの乗り換え時は選択肢が増えるメリットがあります。

 

ちなみにsimロック解除できるのは、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusです。

au版のiPhoneを持っているケース

au版のiPhoneの場合は、simロック解除しなければ楽天モバイルの格安simは利用できません。

 

なので、上記のsimロック解除できるiPhone端末をお持ちの方のみ対象になります。

ソフトバンク版のiPhoneを持っているケース

ソフトバンク版のiPhoneの場合も、au版iPhoneと同様simロック解除できる端末のみ使用できます。

 

ただ、ソフトバンク版のiPhoneは解約後90日以内に契約した本人が手続きをしないとsimロック解除に対応してくれないという決まりがあります。

 

なので、ソフトバンクのiPhoneを中古で買われる方は注意してください。

カンタンにできる!楽天モバイルのsimカードの取り付け方法

iPhoneにはじめて格安simを挿入される方もおられます。

 

実にカンタンにできますのでご安心ください。

 

イジェクトピンでsimトレイを引き出す

ジェクトピンというsimトレイを取り出すピンで穴にプスッと突き刺せばピュッとsimトレイが飛び出します。

 


*イジェクトピン

 


*プスっとさすとピュッ

 

楽天モバイルのsimを乗っけて挿入するだけです。

 

 

ねっカンタンでしょ?

 

動画で解説しておりますので参考にしてみてください☆

 

万が一simを認識しない場合は、「20秒もあれば即解決!楽天モバイルでAPN設定しても圏外?!接続できないときの対処法」の記事を参考にして解決してください!

 

楽天モバイルのAPN設定方法

楽天モバイルのAPN設定もさきほどのYOUTUBE動画にsimカードの取り付け方法と一緒に撮影しています。

 

5分もかからない!楽天モバイルの初期設定方法(APN設定)の手順」にも記載しておりますので参考にしてください。

 

楽天モバイルをiPhone7/7Plusで使うケース

防水・防塵でApple Payにも対応したiPhone7。

 

大手キャリアで購入すると2年で21万円ほどかかってしまいます。

 

SIMフリーのiPhone7と楽天モバイルの組み合わせだとかけ放題プランを入れても16万円。

 

大手キャリアと比べると5万円ほど安くなります。

 

計算してみましょう。

 

iPhone7(32GB)本体価格:85,104円
5分かけ放題:918円 × 24 = 22,032円
通話SIM(5GB):2,322円 × 24 = 55,728円
合計(24ヶ月):162,864円

 

容量が少ない契約プランだとさらに節約が可能です。

 

このようにグンと毎月の通信量を抑えることができる楽天モバイルですが、手持ちのiPhoneで使用できるかどうか気になりますよね。

 

iPhoneの機種別に楽天モバイルの格安simが利用できるか説明します。

 

ドコモのiPhone7で楽天モバイルを利用するケース

docomo版のiPhone7の場合、simロック解除しなくてもそのまま楽天モバイルのsimで通話やネット接続ができます。

 

とくにわずらわしいことなく、初期設定完了できます。

auのiPhone7で楽天モバイルを利用するケース

au版のiPhone7で楽天モバイルを利用する場合は、simロック解除しなければなりません。

 

ソフトバンクのiPhone7で楽天モバイルを利用するケース

ソフトバンク版のiPhone7の場合も、楽天モバイルを利用する場合は、simロック解除が必要です。

 

simフリーのiPhone7/7Plusで利用するケース

アップルで購入したiPhone7/7Plusはsimフリー端末といって、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を使った格安simはすべて使うことが可能です。

 

もちろん海外の現地で購入した格安simも使うことができ、安く通信費を抑えることができます。(現地のsimは安い)

 

iPhone7/7 Plusの価格比較

現状はアップルで買うのが一番安い。

アップルのiPhone7の値段

  32GB 128GB 256GB
アップルのiPhone7Plus 72800円 83800円 94800円

(*税別価格です)

 

  32GB 128GB 256GB
アップルのiPhone7 85800円 96800円 107800円

(*税別価格です)

 

ドコモ・au・ソフトバンクiPhone7の値段

MNP/新規契約

  ドコモ 32GB ドコモ 128GB ドコモ 256GB au 32GB au 128GB au 256GB SB 32GB SB 128GB SB 256GB
一括 82296円 93960円 105624円 79200円 90720円 102600円 88080円 99840円 111840円
実質月額 1107円 1593円 2079円 450円 930円 1425円 450円 930円 1425円
2年間利用時 26568円 38232円 49896円 10800円 22320円 34200円 10800円 22320円 34200円

 

機種変更

  ドコモ 32GB ドコモ 128GB ドコモ 256GB au 32GB au 128GB au 256GB SB 32GB SB 128GB SB 256GB
一括 82296円 93960円 105624円 79200円 90720円 102600円 88080円 99840円 111840円
実質月額 1107円 1593円 2079円 855円 1335円 1830円 855円 1335円 1830円
2年間利用時 26568円 38232円 49896円 20520円 32040円 43920円 20520円 32040円 43920円

 

キャリアが高いというのは一目瞭然ですね。

 

iPhone7 Plusの価格比較

MNP/新規契約

  ドコモ 32GB ドコモ 128GB ドコモ 256GB au 32GB au 128GB au 256GB SB 32GB SB 128GB SB 256GB
一括 96552円 108216円 119880円 92800円 104760円 116640円 99840円 114000円 126000円
実質月額 1674円 2160円 2646円 1020円 1515円 2010円 1020円 1515円 2010円
2年間利用時 40176円 51840円 63504円 24480円 36360円 48240円 24480円 36360円 48240円

 

機種変更

  ドコモ 32GB ドコモ 128GB ドコモ 256GB au 32GB au 128GB au 256GB SB 32GB SB 128GB SB 256GB
一括 96552円 108216円 119880円 92880円 104760円 116640円 88080円 114000円 126000円
実質月額 1674円 2160円 2646円 1425円 1920円 2415円 1425円 1920円 2415円
2年間利用時 40176円 51840円 63504円 34200円 46080円 57960円 34200円 46080円 57960円

大手キャリアから電話番号そのままで楽天モバイルに乗り換える方法

大手キャリアから電話番号そのままで楽天モバイルに乗り換える方法をMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)といいます。

 

この手続きをしてはじめてiPhoneで楽天モバイルのsimが使えるようになります。

 

ちなみに新しい電話番号を利用する人やデータsimを購入される方はMNP設定は必要なく、そのまま楽天モバイルの公式ページで申し込みをしてください。

 

それでは楽天モバイルにMNPをする流れを解説します。

 

まず大手キャリアでMNP予約番号を取得する

大手キャリアの店舗かWEB上でMNP予約番号という整理券番号みたいなものを発行してもらいます。

 

店舗の場合は「MNP予約番号が欲しいのですが」といえば発行してくれます。

 

WEBでMNP予約番号を取得する場合もカンタンにできます。

 

詳しくは【MNPの具体的な流れ】キャリアから格安スマホ・SIMに乗り換える申し込み手順の記事を読んでください。

 

楽天モバイルに申し込む

楽天モバイルの申し込みをするときにMNP予約番号を求められる項目があるので記入するだけです。

 

格安simが届くのを待ちましょう。

 

simが届いたら初期設定しよう

simが届いたら冒頭で解説したAPN設定をすればOKです。

 

まとめ

お疲れさまでした。

 

iPhoneで楽天モバイルを使うための乗り換え方法を解説してきました。

 

ひとまずやってみてください。

 

そして、わからないことがあればまたこの記事を参考にしていただければと思います。

 

楽天モバイルで快適なスマホライフを実現してくださいね!

 

楽天モバイル公式サイトへ

 

 

関連ページ

楽天モバイルのキャンペーンを利用して乗り換えたい!2017年4月のキャンペーン情報
一番お得に契約するには楽天モバイルのキャンペーンを利用するのは確実に賢い選択。期限があるのでお早めに。
【楽天モバイルの口コミ評判】実際に契約している人のホンネで乗り換えてどうだったかわかる
楽天モバイルを契約している人にいろいろ聞いてみました。いろいろ思うことがあるんですね。
楽天モバイルの通信速度は遅くない。ただ地域差はある
楽天は意外と速度速い。1年前に新プランをリリースしてからまるで別人のように速度でます。ただ地域差は確実にありますね。大阪以外の方は参考程度でいいかもしれません。
楽天モバイルの乗り換え(MNP)の流れ。通話できない空白期間は心配しなくていい
電話番号そのままで乗り換えることができることをMNP(ナンバーポータビリティ)といいます。楽天モバイルに乗り換えるには大手キャリアからMNP予約番号というものを発行してもらいます。
5分もかからない!楽天モバイルに乗り換え後の初期設定方法(APN設定)の手順
ここでは楽天モバイルの格安simの初期設定方法のAPN設定について懇切丁寧に解説したいと思います!
20秒もあれば即解決!楽天モバイルでAPN設定しても圏外?!接続できないときの対処法
通話はできるのにデータ通信ができないというケースを経験されたことがある方は多いと思います。しかし、焦らないでください。カンタンに解決できるケースがほとんどです。まずは以下の方法を試してください!
楽天モバイルは使いきれなかったデータ容量は繰り越しできる!
余った容量はどこで確認していつ繰り越されるのか、またプランを変更したらどうなるのか説明します。
楽天モバイル実店舗一覧
楽天モバイルの店舗も増えてきましたね!店舗で契約されたい方は是非チェックしてみてください。
楽天モバイルに乗り換える前に知っておきたい欠点・デメリット
楽天モバイルは料金が安いというメリットがある反面、デメリットもあります。料金は安くなったはいいけど、こんなはずではなかったと後悔する前に不便・不満な点を確認しておきましょう。
楽天モバイルは無料でテザリングができますが、テザリングできない端末もあります。
楽天モバイルの格安simや格安スマホを契約するとき、テザリングができるか気になりますよね。結論は楽天モバイルはテザリングは可能ですが、テザリングできない端末もあります。
楽天モバイルは3日間使い過ぎによる通信制限がなしになりました!
2017年3月1日に楽天モバイルは3日制限を全プラン撤廃しました!