【Speed Wi-Fi NEXT W05】高速通信を実現 評判や口コミも上々

【Speed Wi-Fi NEXT W05】高速通信を実現 評判や口コミも上々

ブロードワイマックスGMOで販売している端末Speed Wi-FiNEXT W05は、高速通信を実現しています。

 

なぜ高速通信が可能になっているのか、2つの理由をご説明します。

4×4MIMOによる高速通信

Wifiルーターと基地局との間に、1アンテナ回線しかない場合、通信できる量に限界が生じます。

 

例えばアンテナが混在していたり、回線の状態が悪い場合は、自動的に通信速度が大きく低下するでしょう。

 

しかしブロードワイマックスのSpeed Wi-FiNEXT W05では、4×4MIMOという技術を採用しており、アンテナの問題を解決しています。

 

4×4MIMOとは、基地局と端末が共に4つのアンテナを搭載していることを言います。

 

4つのアンテナによって、データ送信やデータ受信を4つのアンテナで同時に行うことができるようになり、結果として高速通信を実現できました。

キャリアアグリゲーションによる高速通信

WiMAX2による通信はもともと高速であり、下り最大558Mbpsを実現しています。

 

しかしブロードワイマックスのSpeed Wi-FiNEXT W05には、さらにキャリアアグリゲーションという技術が搭載されています。

 

この技術は複数の帯域を同じタイミングで使用することで、通信速度を飛躍的に伸ばせるものです。

 

WiMAX2の帯域に加えて、auのLTE帯域を利用できるため150Mbpsの通信速度が加わります。

 

ですからSpeed Wi-FiNEXT W05で使用できる最大通信速度は、合計708Mbpsとなります。

 

もちろん使用状況によっては、通信スピードは大きく変化するものの、Wifiルーターでは十分すぎる高速通信と言えるでしょう。

Speed Wi-FiNEXT W05のWi-Fi引越し機能とは?

wifi引っ越し機能は、Speed Wi-FiNEXT W05を使い始める時にとても便利な機能です。

 

設定の煩わしさを少なくできる機能です。

 

新しくWifiルーターを購入した場合、SSIDとパスワードをPCで改めて登録する必要があります。

 

これまでの端末のSSIDと新しい端末のSSIDは異なっており、当然パスワードも違います。

 

そのため新しい端末が届いても設定をしなければ、ネットに接続することはできません。

 

しかしwifi引っ越し機能があれば、WPS機能を使って以前の端末で利用していたSSIDとパスワードをそのまま移行できます。

 

ですから移行してしまえば、PCの方で設定を変更する必要はなく、すぐにネット接続が可能になります。

Speed Wi-FiNEXT W05とW04とどう違う?

Speed Wi-FiNEXT W05とSpeed Wi-FiNEXT W04の性能面での違い

性能面で一番の違いは、上り最大通信速度が32.5Mbpsから75Mbpsへと向上したことです。

 

この変化はLTE回線を使用している時に出てくる違いです。

 

LTEを利用する機会が多く、写真などをブログやHPにアップする機会がある方にとっては大きな変化になるでしょう。

 

その他にも、大容量の会社資料をオンラインストレージにアップする方も、上り通信速度の向上はプラス評価。

 

加えて使用しているSIMカードの大きさが、MicroサイズからNanoサイズへと変更されています。

 

上り最大通信速度とSIM以外で、性能面で異なる部分はありません。

 

下り最大通信速度は同じく708Mbpsであり、バッテリーは同じ2750mAhなので連続待受時間も約630時間です。

Speed Wi-FiNEXT W05とSpeed Wi-FiNEXT W04の外観の違い

Speed Wi-FiNEXT W05の大きさは、w04よりも幅が2mm大きくなりました。

 

しかし厚みが1.6mm薄くなっていますので、持ち運びは便利になったと言えるでしょう。

 

高さは全く変化がなく130mmのままですが、丸みのあったw04から角ばったスタイリッシュな外観へと変化しました。

 

また端末の重さに関しても、w04が140gだったのに対しw05は131gなので、9g軽くなった計算になります。

 

Wifiルーターは持ち運ぶことが前提であるため、こうした外形上の変更は望ましいものです。

 

Speed Wi-FiNEXT W05とW04は、性能面でも外観の面でも進歩が見られています。

 

特にデザインの変化は大きく、スタイリッシュな印象へと変化したと言えますね。

Speed Wi-FiNEXT W05を取り扱っている代理店比較

使いたい放題のギガプランで比較してみましょう。(税別での比較です)

 

BroadWiMAX

GMO
(キャッシュバックなし)

GMO
(キャッシュバックあり)

UQ(本家)
キャンペーン

初期費用
18857円割引

なし

40450円
キャッシュバック

10000円

契約事務手数料 3000円 3000円 3000円 3000円
初期費用 0円 0円 0円 0円
月額1ヶ月目 2726円 2590円 3609円 3696円
月額2ヶ月目 2726円 2590円 3609円 3696円
月額3ヶ月目 2726円 3344円 4263円 3696円
月額~24ヶ月目 3411円 3344円 4263円 4380円
月額25ヶ月目~ 4011円 4263円 4263円 4880円
2年間費用 83199円 80868円 104004円 106068円

 

人気はブロードワイマックス。料金で選ぶならGMOです。

 

まとめ

Speed Wi-FiNEXT W05は、4×4MIMO とキャリアアグリゲーションという2つの技術によって高速通信を実現しています。

 

この通信速度であれば、どのような使い方をしても不満が出ることはないでしょう。

 

BroadWiMAX

 

GMO とくとくBB

 

*キャンペーン内容はコロコロ変わります

UQwimax

 

あなたに合った格安simがわかる

目的や用途に合った格安simを見つけることができます。

何回検索してもOKです。

関連ページ

【Wimax2+(ワイマックスツープラス)】おすすめのプロバイダはココ
ネットからの申し込みのほうが人件費をかけていない分、月額も安いし、キャッシュバックも多めです。キャッバックと月額の安さをみると驚くくらいの額です。
失敗しないはじめてのモバイルwi-fiルーター(ポケットwifi)の選び方
失敗しないモバイルwi-fiルーターの選び方をて徹底解説します!
【Broad WiMAX(ブロードワイマックス)の料金が安い理由】UQWIMAXとGMOで比較してみた
ブロードワイマックスはUQwimaxの代理店であるということ。回線はUQwimaxが管理し、その回線をブロードワイマックが使用料を払いレンタルし運営しているという仕組みです。
【GMOとくとくBBのWiMAX2+は安さがウリ!】月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説
なんといっても料金の安さがウリ。wimaxの通信速度はどの代理店から申し込んでも同じなので、「だったら安いほうが良いよね」いう人向けです。
本家UQのWiMAX2のモバイルwifiルーターの特徴とキャッシュバックの受け取り方について解説!
サポート体制が充実しており、インターネットに対して抵抗感があったり、デジタル機器が苦手な人の場合、WiMAXサービスの本家本元であるUQ WiMAXでの契約は安心感が得られます。
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
ビッグローブのwimaxの月額料金や初期費用、キャッシュバックの期限やいつもらえるのか詳しく調査しました。
So-net モバイル WiMAX 2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
料金プランとしては、月額が業界最安レベルに設定されているため、毎月の支払い額を抑えたいユーザーには最適です。
【Speed Wi-Fi NEXT W03】購入したよ。評判・口コミ通りやっぱり快適だった
Speed Wi-Fi NEXT W03がやっときました!設定が終わりいま使用していますが、評判・口コミ通りやっぱり快適です^^
ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ワイモバイル自体の長所はとにかく安いことにあります。ライト向けのプランや端末が多めですから、そんなに使わないけど外出時のネット環境は欲しいといった方にはピッタリです。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ドコモはそのブランド力から通信速度も素晴らしく、モバイルWi-Fiルーターそのものの品質も高品質であり、故障などのトラブルを聞くことは少ないです。エリアの広さは日本一ですし、何かトラブルがあればサポートセンターがとても丁寧に対応してくれます。
ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
キャッシュバックキャンペーンや割引が豊富にあり、それを受けられるソフトバンクユーザーの場合は格安提供や速度自慢の他社と比べても遜色ないサービスとなります。しかし、料金とサービス内容に関してはヘビーユーザー向けではないのは間違いありません。
格安SIM×SIMフリーWifiルーター人気の機種ランキング
格安SIM×SIMフリーWifiルーターでおすすめの機種はスボリコレ!
【AtermMR04LN】simフリーのモバイルルーター。デュアルsim対応で海外でも使用可能!
AtermMR04LNの特長の一つは、なんといってもデュアルsim対応。2枚のsimが挿せます。国内用と海外用に分けることも可能。
【Aterm MR05LN】nano sim対応。ドコモ回線の格安simならエリアに困らないぞ!
最大の特徴は、3つの周波数を利用して最大受信速度375Mbpsを実現していること。
【Mobile Wi-Fi E5383】 大容量バッテリーのsimフリールーター!対応バンドも多いぞ
LTEに対応しているので、3GだけでなくLTEが繋がるところでは通信速度が速くなるのは頼もしいですね。
【AirCard AC785】バッテリーの持ちは悪いけど価格で選ぶならコレか。
1万円前後で買えるsimフリーのモバイルルーター。コスパはいいぞ!
【ZTE MF920S】良くも悪くもなくといったところか。中国製のsimフリールーター。
SIMカードは標準サイズのものなので、nanoSIMなどを誤って挿入してしまった場合、取り出せないということになりかねませんのでご注意を。
【ZTE MF98N】5000mAhという大容量バッテリーだけにやや大きく重いぞ!
鞄などに入れて持ち運ぶ分には問題ありませんが、ポケットなどに入れる場合には少し気になるかもしれません。
ポケットWi-Fiのスマモバは速度が遅く実は無制限ではない?!という疑惑が!
私自身ビックリしたのですが、HPに無制限と書かれているのですが、違うHPでは「制限します」とかかれてあって、真意がわからない状態です。
引っ越し先のネット環境は固定回線よりモバイルwifiルーター
新居や引っ越しで新しくネット回線を引くとき、モバイルwifiか固定回線か迷いますよね。あらゆるケースでの解決方法を網羅しました。
モバイルwi-fiルーターっていいの?メリットデメリット教えて!
モバイルwi-fiルーターは良い面も悪い面もあります。詳しく解説していきます!
モバイルwifiルーターを有線化するなら「クレードル」
クレードルとはモバイルWi-Fiルーター本体を充電しながら設置しておくためのスタンドです。
転勤族です。おすすめのwifiルーター教えてください
不定期の転勤なので2年以内の可能性も高く、どの会社も2年縛りなどありそうなので、次の異動先でも使えないと解約金がかかりそうだな思います。
明日、明後日に使えるポケットwifiを探しています。
新天地で色々検索したりするのに、ポケットwifi を申し込んで明日明後日に使えるものが欲しいのですが、(使用期間2週間だけ) どれがいいのか情報量が多くわかりません。
auのポケットWiFi・W03ってどうですか?
今日 勧められたのは、ポケットWiFiのW03なのですが、通信速度や繋がり具合など 少し不安があります。
【無制限のモバイルルーター(ポケットWi-Fi)の購入を検討】BIGLOBEやブロードWiMAX実際使っている方おられますか?
速度は極端に遅くなければいいと思います。サービスセンターへの連絡も使い方が簡単だったり問い合わせするようなことがなければかけることもないのでいいかなと思います。