Aterm MR05LN

【Aterm MR05LN】nano sim対応。ドコモ回線の格安simならエリアに困らないぞ!

発売日:2016年9月1日

最大の特徴は、3つの周波数を利用して最大受信速度375Mbpsを実現していること。

 

 

どれだけ電波が良くても機器自体の性能が悪いと結局通信速度も遅くなりますし、これだけ高性能だとストレスなくインターネットを利用できるでしょう。また、デュアルSIMの自動切り替えという新しい機能を搭載し、自動で時間帯や通信量などを判別し、SIMカードを切り替えしてくれます。切り替えにかかる時間も10秒ほどと短時間で切り替えできるのでスムーズ。

 

いちいちSIMカードを抜き替えなくても良いのは便利ですし、SIMカードの紛失リスクもなくなるのでいいですよね。

 

バッテリー容量は2500mAhで、連続通信時間は14時間と一日使うには十分な時間を確保しています。

 

画面はタッチパネルになっており、MVNOのSIMカードのAPN設定も簡単に直接機器から行うことができ、パソコンやスマホに繋いで行わなくて良いので、直感的に操作しやすくできているのは嬉しいことです。

 

画面も見やすく、どれくらい通信量が残っていて、電池残量が後どれくらいなのかも一目で分かるよう示してくれます。さらに、専用のアプリをインストールすればスマホやタブレットから電池残量を確認できるほか、BluetoothとWi-Fiの切り替え、LTEとWi-Fiの切り替えなどがスマホから操作できるので、わざわざ機器を鞄などから出して操作する必要がありません。

 

休止状態にしていてもアプリから起動できるので、持ち運ぶときはすぐに取り出せない場所に入れていても問題ないのはかなりストレスなく使うことができるでしょう。

 

 

Aterm MR05LNのスペック

バッテリー容量 2500mAh
simカード nano sim
対応バンド

LTE
1.3.8.11.18.19.21
3G
1.5.6.8.19

重さ 約115g
同時接続台数 WiFi接続10台

simと購入するとお得になる格安sim業者

 

  価格
楽天モバイル 一括払い:21900円

分割払い:985円×24回

ビッグローブ 分割払い:970円×24回
OCNモバイルONE 一括払い:16649円(税込17980円) 

SIMカードが実質無料

DMMモバイル 一括払い:23000円

分割払い:1223円×24回

 

価格.comの口コミ


 

 

Aterm MR04LN」と「Aterm MR05LN」の違いについて

Aterm MR05LNはAterm MR04LNの後継機で、基本的には様々な部分において改善されています。

 

バッテリー駆動時間も通信状態なら2時間多い14時間、休止状態なら250時間多い1250時間持ちます。Bluetoothのテザリング時間も、6時間伸びた30時間可能です。

 

通信速度も75Mbps速い375Mbpsと、これだけ見ればAterm MR05LNの方が良いことしかないように見えます。

 

では、すでにAterm MR04LNをお持ちの方が、買い換える必要を感じるほどに違いがあるのか見ていきましょう。

 

まず、特徴とも言えるデュアルSIMという機能。

 

これは2つのSIMを挿入することができ、切り替えもタップ一つでできるのですが、MR05LNはこれが自動ででき、さらに切り替えの時間も30秒短い約10秒で行えます。MR04LNの場合は切り替えの遅さに煩わしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

 

また、対応のSIMもmicroSIMからnanoSIMに変更されており、nanoSIMを使いたかった人にとっては嬉しい変更なのではないでしょうか。一方、グレードダウンとも言えるのは、同時接続できる機器が16台から10台に変更されている点。

 

しかし、これは実際に16台も接続することがないということから、無駄にスペックを高くしないようにしているものと考えられます。このように、全体的に見ると機能は向上しており、MR05LNが発売されている今、MR04LNを購入するメリットはほとんどないと言えそうです。

 

端末価格もMR04LNの方が若干安いですが、通信速度やバッテリーの持ちなどを考慮すると魅力的に感じるほどの差ではありません。この差であれば、MR05LNの方がやはり使えるルーターと言えるのではないでしょうか。

 

参考になれば幸いです。

関連ページ

【月額が安く通信無制限!のWimax2+(ワイマックスツープラス)】契約するなら「ネット代理店」がおすすめ
ネットからの申し込みのほうが人件費をかけていない分、月額も安いし、キャッシュバックも多めです。キャッバックと月額の安さをみると驚くくらいの額です。
失敗しないはじめてのモバイルwi-fiルーター(ポケットwifi)の選び方
失敗しないモバイルwi-fiルーターの選び方をて徹底解説します!
本家UQのWiMAX2のモバイルwifiルーターの特徴とキャッシュバックの受け取り方について解説!
サポート体制が充実しており、インターネットに対して抵抗感があったり、デジタル機器が苦手な人の場合、WiMAXサービスの本家本元であるUQ WiMAXでの契約は安心感が得られます。
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
ビッグローブのwimaxの月額料金や初期費用、キャッシュバックの期限やいつもらえるのか詳しく調査しました。
GMOとくとくBBのWiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
なんといっても料金の安さがウリ。wimaxの通信速度はどの代理店から申し込んでも同じなので、「だったら安いほうが良いよね」いう人向けです。
So-net モバイル WiMAX 2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
料金プランとしては、月額が業界最安レベルに設定されているため、毎月の支払い額を抑えたいユーザーには最適です。
【Speed Wi-Fi NEXT W03】購入したよ。評判・口コミ通りやっぱり快適だった
Speed Wi-Fi NEXT W03がやっときました!設定が終わりいま使用していますが、評判・口コミ通りやっぱり快適です^^
ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ワイモバイル自体の長所はとにかく安いことにあります。ライト向けのプランや端末が多めですから、そんなに使わないけど外出時のネット環境は欲しいといった方にはピッタリです。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ドコモはそのブランド力から通信速度も素晴らしく、モバイルWi-Fiルーターそのものの品質も高品質であり、故障などのトラブルを聞くことは少ないです。エリアの広さは日本一ですし、何かトラブルがあればサポートセンターがとても丁寧に対応してくれます。
ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
キャッシュバックキャンペーンや割引が豊富にあり、それを受けられるソフトバンクユーザーの場合は格安提供や速度自慢の他社と比べても遜色ないサービスとなります。しかし、料金とサービス内容に関してはヘビーユーザー向けではないのは間違いありません。
格安SIM×SIMフリーWifiルーター人気の機種ランキング
格安SIM×SIMフリーWifiルーターでおすすめの機種はスボリコレ!
【AtermMR04LN】simフリーのモバイルルーター。デュアルsim対応で海外でも使用可能!
AtermMR04LNの特長の一つは、なんといってもデュアルsim対応。2枚のsimが挿せます。国内用と海外用に分けることも可能。
【Mobile Wi-Fi E5383】 大容量バッテリーのsimフリールーター!対応バンドも多いぞ
LTEに対応しているので、3GだけでなくLTEが繋がるところでは通信速度が速くなるのは頼もしいですね。
【AirCard AC785】バッテリーの持ちは悪いけど価格で選ぶならコレか。
1万円前後で買えるsimフリーのモバイルルーター。コスパはいいぞ!
【ZTE MF920S】良くも悪くもなくといったところか。中国製のsimフリールーター。
SIMカードは標準サイズのものなので、nanoSIMなどを誤って挿入してしまった場合、取り出せないということになりかねませんのでご注意を。
【ZTE MF98N】5000mAhという大容量バッテリーだけにやや大きく重いぞ!
鞄などに入れて持ち運ぶ分には問題ありませんが、ポケットなどに入れる場合には少し気になるかもしれません。
ポケットWi-Fiのスマモバは速度が遅く実は無制限ではない?!という疑惑が!
私自身ビックリしたのですが、HPに無制限と書かれているのですが、違うHPでは「制限します」とかかれてあって、真意がわからない状態です。
引っ越し先のネット環境は固定回線よりモバイルwifiルーター
新居や引っ越しで新しくネット回線を引くとき、モバイルwifiか固定回線か迷いますよね。あらゆるケースでの解決方法を網羅しました。
モバイルwi-fiルーターっていいの?メリットデメリット教えて!
モバイルwi-fiルーターは良い面も悪い面もあります。詳しく解説していきます!
モバイルwifiルーターを有線化するなら「クレードル」
クレードルとはモバイルWi-Fiルーター本体を充電しながら設置しておくためのスタンドです。