モバイルwi-fiルーターてっいいの?メリットデメリット教えて!

モバイルwi-fiルーターっていいの?メリットデメリット教えて!

 

 

モバイルwi-fiルーターっていいの?ちょっと興味あるんだけど。


 

 

モバイルwi-fiルーターは良い面も悪い面もあります。詳しく解説していきます!


モバイルWi-Fiルーターのメリットとして、外出先であっても自宅の固定回線と同等以上の高速インターネット接続が可能という点が挙げられます。

 

 

モバイルWi-Fiルーターが登場するまで、数十Mbps以上の高速通信は自宅の固定回線の中でも、光回線だけが実現可能なスピードでした。

 

しかし2016年時点で発売されている最先端のモバイルWi-Fiルーターの中には、下り最大370Mbpsという理論値を持つものもあり、実際の通信速度である実効速度においても100Mbpsを超えるスピードを叩き出します。

 

外出先のカフェや旅先の旅館などでこのような高速通信を利用できれば、どこでも仕事やコミュニケーションが可能なうえ、動画配信サイトの利用も問題なくできますよね。

 

さらに、モバイルWi-Fiルーターを自宅で有線接続に変更することも可能です。

 

専用のクレードルが必要とはなるものの、自宅内では有線LAN接続に切り替えることで、より安定感が増すでしょう。

 

一方、モバイルWi-Fiルーターのデメリットとしては、地域による通信速度差が激しく、安定性に課題があるといった点が考えられます。

 

日々進歩を続けるモバイルWi-Fiルーターですが、固定回線に比べれば安定性は低いというのが実情です。

 

山間部や地方によっては高速な通信規格に対応していないこともあります。高速無線通信が可能なエリアが広がりつづければ、いずれは解決される問題ですので、今後のエリア拡充に期待しましょう。

 

モバイルWi-Fiルーターってそもそもなあに?

*常に持ち歩いてこどもと共有しています。

 

モバイルWi-Fiルーターとは、PCやスマートフォン、ゲーム機やタブレットが外出先でインターネット接続を必要とする際に、無線方式で接続を行うアクセスポイントとなる小型軽量の通信端末です。

 

また、Wi-Fiは無線LANを利用したインターネット接続を行う接続サービスで、これを実現した携帯型機器ともいえます。

 

モバイルWi-Fiルーターが登場するまで、インターネットに無線で接続する方法は、自宅に固定回線を設置したうえでルーターの機能により一定の範囲内に電波を飛ばすか、大手携帯電話キャリアなどが提供する接続サービス(iモードなど)を利用するのが一般的でした。

 

しかし、前者は高速ではあるものの利用できる範囲に制限があり、後者は速度面で課題があったのです。

 

モバイルWi-Fiルーターはこれら2つの課題を解決し、外出先でありながら固定回線と同様以上の速度を維持しつつ、広範囲で高速なインターネット接続を可能にしました。

 

同じように外出先で無線によるインターネット接続を行うサービスとして、公衆無線LANがあります。

 

駅や飲食店などで、Wi-Fiスポットの表示がある場所を目にしたことはありませんか。

 

あれは施設や店舗がサービスの一環としてインターネットのアクセスポイントを設置しており、外出先でも高速なインターネット接続が可能であることを表しています。

 

しかしながら、不特定多数の人々が一度に利用することによる速度低下、設置場所を離れると利用できないなど不便な点も多く、あくまでも非常用のものと考えてよいでしょう。

 

これに対しモバイルWi-Fiルーターなら、自分だけの固定回線を持ち歩くように、自由で便利なインターネット接続が可能なのです。

モバイルWi-Fiルーターってどう使うの?設定難しくない?

モバイルWi-Fiルーターは非常に小型で、スマートフォン以下のサイズのものが主流です。

 

*iPhone6との比較

 

そのため鞄や上着の内ポケットに所持しているだけで、移動しながら高速なインターネット接続を利用することができます。

 

鞄や衣服のポケットにモバイルWi-Fiルーターを入れておき、PCやスマートフォンで接続するといった方法が一般的でしょう。

 

その他、専用のクレードルを装着することで固定回線用のブロードバンドルーターを同様に使うことも可能です。

 

また、モバイルWi-Fiルーターを利用するためには固定回線のブロードバンドルーターと同じく、初期設定が必要です。

 

しかしこれもごく簡単なもの。かつてはモバイルWi-Fiルーターと、それに接続する機器(PCやスマートフォンなど)の間で、それなりの設定作業が必須でした。

 

これはネットワークIDやパスワードの設定が主で、この設定を完了しない限りはモバイルWi-Fiルーターと機器間で通信が行えなかったのです。

 

しかし2016年現在、このような初期設定は非常に簡単になっています。

 

ネットワークIDやパスワードが必要なことには変わりありませんが、これらの作業をほぼ一瞬で完了するための機能が搭載され、モバイル機器やインターネットの知識がない方であっても、モバイルWi-Fiルーターをすぐに利用できます。

モバイルWi-Fiルーターはどのくらいの距離までなら使えるの?

Wi-Fiの電波が届く範囲は、遮蔽物のない室内であれば約30メートル、屋外なら約60メートルが目安です。

 

ただしモバイルWi-Fiルーターそのものの出力性能や、周囲の状況によって距離が大きく左右されることを知っておきましょう。

 

特に電子機器が多数存在する場所などでは、電波の干渉が激しく通信速度が落ちてしまう可能性があります。

 

さらに、モバイルWi-Fiルーターが発する電波同士が干渉しあうこともあるため、人や家屋が密集した地域では接続が不安定になることもあるのです。

 

もっとも、最新のモデルにはこれらに十分配慮した機能が搭載されており、より外部の干渉を受けにくいチャンネルを優先的に利用できるようになっています。

 

しかし、そもそもモバイルWi-Fiルーターがインターネットへの接続不可能となる場所では、距離にかかわらずWi-Fiが利用できません。

 

例えば走行中の地下鉄車内や、山奥のトンネルで携帯電話の電波も届かないような場所です。

 

いくらモバイルWi-Fiルーター自体の機能がすぐれていても、インターネット接続を行うための通信回線そのものを掴めなければ意味がなくなってしまいます。

 

モバイルWi-Fiルーターを利用するときは、通信回線の電波状況が良い場所を確保することも大切です。

モバイルWi-Fiルーターのセキュリティはどうなの?

モバイルWi-Fiルーターを利用する際、気になる問題のひとつがセキュリティですよね。

 

さまざまな処理がオンライン上で可能な現代社会では、仕事で扱う業務上のデータや個人情報が満載のデータを扱うことも多く、モバイルWi-Fiルーターを使った通信にも堅牢性(丈夫さ)が求められています。

 

モバイルWi-FIルーターでは主に2つの観点からセキュリティ対策が可能です。

 

ひとつルーターと接続する機器との間でお互いのユニーク度を高め、一致させる方法。

 

これは、SSID(ネットワーク名)を初期設定のものから固有のものへ変更し、なおかつパスワードの変更、MACアドレスのフィルタリングを行うことで実現可能です。

 

特にMACアドレスは電子機器に付与された世界でただひとつ、その機器だけが持つ固有の識別番号で、英数字が混在した16進数で表現されます。

 

モバイルWi-Fiルーターに自分のPCやスマホのMACアドレスを登録しておけば、そのPCやスマホ以外からは接続できないことになり、セキュリティの強度が高まるでしょう。

 

もうひとつの観点として、暗号化方式の選択があります。

 

Wi-Fiの暗号化方式として主流となっているものは、WEP、WPA、WPA2の3つです。

 

この中ではWEPが最も簡単に設定でき、ワンタッチで利用可能になる機能の多くがWEPを採用しています。

 

ただしWEP自体は古い暗号化方式であり、専門家がその気になれば簡単に解読可能なため、WPAやWPA2への変更が望ましいでしょう。

 

WEPの安全性をより高めたものがWPA(TKIP)、そのWPAをより強固にしたものがWPA2(AES)というイメージになります。

 

2016年時点でWPA2(AES)が解読されたという報告はないため、より秘匿性の高い情報をやり取りする場合にはこの暗号化方式がおすすめです。

モバイルWi-Fiルーターは新幹線で使える?

*東海道新幹線にて。仕事も効率的にこなせる!

 

モバイルWi-Fiルーターが新幹線で利用可能かどうかは、新幹線の路線や車両によるといえるでしょう。

 

最も利用しやすいのは東海道新幹線です。

 

これはモバイルWi-Fiルーターを提供している企業のオプション契約を活用できることが大きいでしょう。

 

例えばWiMAXを提供するUQコミュニケーションズでは、「UQ Wi-Fi」というオプションを利用することで、東海道新幹線のN700A、N700系車内であれば東京から新大阪間でWi-Fi接続が可能になります。

 

しかしその他の新幹線においては、接続可能な区間もあるという程度で、モバイルWi-Fiルーターを満足に利用できるとは言い難いのが実情です。

 

そこで、モバイルWi-Fiルーターの中でも、大手携帯電話キャリアのLTE回線を利用できるモデルをおすすめします。

 

LTE対応のモデルであれば、広い地域をカバーしている4G・LTE回線を利用できるため、新幹線の車内であってもモバイルWi-Fiルーターが利用できることが多いのです。

 

高速無線通信回線に対応した基地局が都市部に集中している一方、大手携帯電話キャリアのLTEは人口カバー率を意識して全国各地にバランスよく基地局が存在していますから、新幹線の車内であっても路線にかかわらず電波をつかみやすいという特徴があります。

 

ただし、トンネル内に入ってしまうとLTEの電波も掴むことができなくなりますので、注意しておきましょう。

 

以上、モバイルwi-fiルーターについて詳しく解説しました。

 

よければ「失敗しないはじめてのモバイルwi-fiルーター(ポケットwifi)の選び方」も読んでくださるとうれしいです。ありがとうございました。

 

 

関連ページ

【月額が安く通信無制限!のWimax2+(ワイマックスツープラス)】契約するなら「ネット代理店」がおすすめ
ネットからの申し込みのほうが人件費をかけていない分、月額も安いし、キャッシュバックも多めです。キャッバックと月額の安さをみると驚くくらいの額です。
【2017年度版】失敗しないはじめてのモバイルwi-fiルーター(ポケットwifi)の選び方
失敗しないモバイルwi-fiルーターの選び方をて徹底解説します!
本家UQのWiMAX2のモバイルwifiルーターの特徴とキャッシュバックの受け取り方について解説!
サポート体制が充実しており、インターネットに対して抵抗感があったり、デジタル機器が苦手な人の場合、WiMAXサービスの本家本元であるUQ WiMAXでの契約は安心感が得られます。
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
ビッグローブのwimaxの月額料金や初期費用、キャッシュバックの期限やいつもらえるのか詳しく調査しました。
GMOとくとくBBのWiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
なんといっても料金の安さがウリ。wimaxの通信速度はどの代理店から申し込んでも同じなので、「だったら安いほうが良いよね」いう人向けです。
So-net モバイル WiMAX 2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
料金プランとしては、月額が業界最安レベルに設定されているため、毎月の支払い額を抑えたいユーザーには最適です。
【Speed Wi-Fi NEXT W03】購入したよ。評判・口コミ通りやっぱり快適だった
ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ワイモバイル自体の長所はとにかく安いことにあります。ライト向けのプランや端末が多めですから、そんなに使わないけど外出時のネット環境は欲しいといった方にはピッタリです。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ドコモはそのブランド力から通信速度も素晴らしく、モバイルWi-Fiルーターそのものの品質も高品質であり、故障などのトラブルを聞くことは少ないです。エリアの広さは日本一ですし、何かトラブルがあればサポートセンターがとても丁寧に対応してくれます。
auのモバイルWi-Fiルーターでおすすめはこの機種!
ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
キャッシュバックキャンペーンや割引が豊富にあり、それを受けられるソフトバンクユーザーの場合は格安提供や速度自慢の他社と比べても遜色ないサービスとなります。しかし、料金とサービス内容に関してはヘビーユーザー向けではないのは間違いありません。
格安SIM×SIMフリーWifiルーター人気の機種ランキング
格安SIM×SIMフリーWifiルーターでおすすめの機種はスボリコレ!
【AtermMR04LN】simフリーのモバイルルーター。デュアルsim対応で海外でも使用可能!
AtermMR04LNの特長の一つは、なんといってもデュアルsim対応。2枚のsimが挿せます。国内用と海外用に分けることも可能。
【Aterm MR05LN】nano sim対応。ドコモ回線の格安simならエリアに困らないぞ!
最大の特徴は、3つの周波数を利用して最大受信速度375Mbpsを実現していること。
【Mobile Wi-Fi E5383】 大容量バッテリーのsimフリールーター!対応バンドも多いぞ
LTEに対応しているので、3GだけでなくLTEが繋がるところでは通信速度が速くなるのは頼もしいですね。
【AirCard AC785】バッテリーの持ちは悪いけど価格で選ぶならコレか。
1万円前後で買えるsimフリーのモバイルルーター。コスパはいいぞ!
【ZTE MF920S】良くも悪くもなくといったところか。中国製のsimフリールーター。
SIMカードは標準サイズのものなので、nanoSIMなどを誤って挿入してしまった場合、取り出せないということになりかねませんのでご注意を。
【ZTE MF98N】5000mAhという大容量バッテリーだけにやや大きく重いぞ!
鞄などに入れて持ち運ぶ分には問題ありませんが、ポケットなどに入れる場合には少し気になるかもしれません。
ポケットWi-Fiのスマモバは速度が遅く実は無制限ではない?!という疑惑が!
私自身ビックリしたのですが、HPに無制限と書かれているのですが、違うHPでは「制限します」とかかれてあって、真意がわからない状態です。
引っ越し先のネット環境は固定回線よりモバイルwifiルーター
新居や引っ越しで新しくネット回線を引くとき、モバイルwifiか固定回線か迷いますよね。あらゆるケースでの解決方法を網羅しました。
モバイルwifiルーターを有線化するなら「クレードル」
クレードルとはモバイルWi-Fiルーター本体を充電しながら設置しておくためのスタンドです。