【デュアルsimの格安スマホの用途】2枚のsimカードを挿入できる格安スマホのメリットとは?

【デュアルsimの格安スマホの用途】2枚のsimカードを挿入できる格安スマホのメリットとは?

デュアルsimとは2枚のsimカードを挿入できるスマホのことです。デュアルsim端末ともいいますね。

 

用途としては

 

・大手キャリアと格安simの2枚を挿して1台で完結できる
・通話simを2枚挿して、1台で2つの電話番号受信が可能。仕事用とプライベート用途分けられる
・海外などの渡航先でwimaxの代用として緊急用に使える

 

など、あればあったで便利なのがデュアルsimでございます。

 

代表的な使い方とし動画を見まくりたいので1枚はデータ通信用の格安simを使い、もう片方はキャリアのカケホーダイを使う方法。

 

キャリアのカケホーダイのみの契約と格安simをあわせたほうが安い。

 

ドコモ・au・ソフトバンクでカケホーダイ・月5GBのプランだと8000円くらいかかりますが、ドコモ・au・ソフトバンクのかけ放題単体(2700円)に無制限のUQモバイル(1980円)を契約したとするとあわせて4680円になり、毎月3000円以上節約できる計算です。

 

分けたほうが確実にコストは削減できるのは間違いないです。

 

デュアルsim対応の「神」格安スマホ

代表的なデュアルim対応の神スマホは、

 

Moto G4 Plus
ASUS ZenFone2 Laser
ASUS ZenFone Selfie
FREETEL SAMURAI REI
FREETEL MUSASHI
ZenFone Go
honor6 Plus
Huawei P8lite

 

がありますね。

 

デュアルSIMスマホの選び方

LTE対応しているか

デュアルSIM対応のスマホのなかには、片方はLTEに対応していない端末もあります。日本のスマホならほぼ両方ともLTEに対応している製品が多いですが、購入するときは念のため確認しましょう。

 

シングルスタンバイ、デュアルスタンバイ、デュアルアクティブ

なんのこっちゃわからないですね。

 

シングルスタンバイ(DSSS)は2つのsimを同時に使えない仕様で、都度切り替える必要があります。

 

デュアルスタンバイ(DSDS)は着信と待ちうけは同時にできます。ただし、片方を使用しているときはもう片方は使えません。

 

デュアルアクティブ(DSDA)は同時待ちうけ・同時通信ができます。代表的な格安スマホが「Zenfone3」「Moto G4 Plus」ですね~。ちょー売れてます。

 

デュアルsimとは?

この項目は興味がなければすっ飛ばして結構です。

 

諸外国では2枚のカードを入れるために、スロットが2つあるタイプが主流でした。特に、中国やヨーロッパのように陸続きの国では、とある国に入ったら自国のものに対応しているものが利用できなくなるという不便さがあったため、デュアルSIMは重宝されたようです。

 

しかし、入国のたびにカードを抜き差しするのは面倒ですよね。

 

もちろん、抜き差しをしていれば、割高な国際ローミングの料金を支払う必要もないため、その点では便利ですが、自国の人から電話があったようなときに、出ることができないというリスクもはらんでいます。

 

これは困りますよね。

 

そんな問題を解決してくれるのが、最近のデュアルSIMです。つまり、もともと端末に2つのSIMカードを内蔵しておくのです。

 

そうすることで、例えば、台湾へ旅行に行った際も、日本で使っているいつもの携帯電話で通話を楽しみつつ、海外の格安料金で音楽を楽しむことができます。

 

利用する際は、その都度、どちらのSIMを利用するかを選択できます。

 

日本人との通話をしたいときは、日本で対応できるSIMを選択し、それ以外の場面では現地のものを選択するということが可能になっています。

 

意外と小回りが利くのが良いですよね。

 

もともとは海外で使うものとして開発されたスマホで、小難しいことをいいますと、発展途上国ではまだ2Gしか使えない国もあったりするので、日本と規格が違う国でもスマホを1台で済ますことが出来るようにするために作られたのですね。

 

海外では切り替えて使うというワケです。

 

海外でも使うのですが、現在ではsimも手軽に2枚3枚と持てるようになったことから、1つは通話用、もうひとつはテザリングするためにデータ用などうまいこと使い分けたいというニーズがでてきたんですね。

 

それでデュアルSIM対応のスマホが増えてきたんです。

 

というデュアルsimはとても便利なんですよ~~~という話でした。

キャリアの通信費は高すぎる

格安スマホや格安simに一度変えると、縛り期間も少ないし、乗り換えやすくなります。そのまま3大キャリアに高い通信費払っても良いですし、2年縛りが終えるタイミングで乗り換えても良いでしょう。

【最新!格安スマホ比較表】おすすめ機種ランキング

 

iPhoneと相性のいい満足度高いおすすめの格安SIM(MVNO)比較

 

アンドロイド端末に合う格安sim比較表

関連ページ

格安simにするとどれだけ通信費が安くなって節約できるの?
新規でsimフリーのiphoneをもたれる方は料金や独自サービスを比較して好きな業者を選べばよいのですが、今iphoneをもたれているかたは、2年縛りは気になるところです。毎月のコストを下げるという点では、契約解除料金を払ってまで格安simに乗り換えたほうが、毎月のコストは安くなります。
格安simと格安スマホの違いって?
【格安SIMとはなあに?格安スマホとどう違うの?】格安SIM・スマホの選び方を解説します!
CMでもよく目にするようになった格安SIM。通信費が年間3万円以上安くなるケースが大半です。乗り換えなきゃソンでしょ!
なるほど!格安SIM・格安スマホのメリットとデメリットについてわかりやすくかみ砕いて解説
格安sim・格安スマホにはいい面も悪い面もあります。よく考えて乗り換えましょう。
格安SIMに乗り換える手順。
キャリアを解約して格安simの電話番号そのままで乗り換える手順について解説します。
同じ格安sim業者でも通信速度がなぜ違うの?(MVNEとMVNOの解説)
格安simって事業者によってなんで通信速度の差が出るの?
【主要格安スマホ・sim業者のキャンペーン情報】8月更新
乗り換えるなら今か。格安simを申し込むなら期間限定のキャンペーンを利用しよう。
格安SIMってなあに?SIMロック解除って?
simロック解除することでドコモ・au・海外のsimが使えるようになりますが、そもそもsimロック解除できない端末もあるので注意しましょう。
端末も買わなきゃダメ?昔使っていたガラケーで格安simを使いたい
ガラケーで格安simって使えるのか調査したところ1つだけ見つけました。
格安simや格安スマホのデータ通信量を節約するなら無線ルーターを使おう!
手っ取り早く簡単に節約できる方法として、自宅に有線のネット環境があるなら、ルーターに無線wi-fiをつなげるだけで、スマホに電波を飛ばすことが出来ます。
キャリアメールがつかえなくなって連絡できないときの対処法
役員などされる方で、格安スマホや格安simに乗り換えて連作するときにキャリアメールが使えないケースがあります。
iPhoneで格安simを使うときの注意点
iPhoneにはiPhone 7/7Plus・iPhone 6s/6s Plus・ iPhone 6 6/6Plus・iPhone SE・iPhone 5/5s/5c・ iPhone 4/4S・iPhone 3G 3Gsとありますが、simサイズが違うだけで速度の速さや料金はiPhone端末ごとに違いはありません。
iPhoneで格安simを使いたい!テザリングは?simロック解除しなくていいの?
iPhoneで格安simを使用するときは、ドコモ・au・ソフトバンク・アップルから4パターンから購入したと思いますが、simが使えないということもあるので必ず確認しましょう。
APNとは?
APN設定とは格安simを利用できるようにする設定のことです。iPhoneとアンドロイド端末でのAPN設定方法をまとめました。
テザリングとは?
「格安simを使おうと思ってるけどテザリングできるのかな?」と思われている方もおられるでしょう。答えから言うと可能です。ただテザリングが使えないケースもありますので詳しく解説します。
SMS機能付きSIMとは?
音声通話機能つきSIMなら基本付帯しており、通話なしのデータ通信の場合は「SMSあり」か「SMSなし」を選択することになります。違いを解説します。
プレフィックス発信とは?
具体的には、発信の際、特定の番号を頭に付けることで、 通常の回線ではなく特別な回線を利用することができるという仕組みです。
トーンモバイル・DTI・U-mobile・もしもシークス・スマモバの速度は遅い?!
管理人は疑っています。トーンモバイル・DTI・U-mobile・もしもシークス・スマモバの速度は明らかに遅い
格安simの快適な通信速度はどのくらい?ダウンロード・アップロード・PINGの解説
ここでは速度を計測した時に表示されるこれらの指標がそれぞれ何を意味するのか解説したいと思います。