YOGA Tab 3 10

【YOGA Tab 3 10】10型タブレット。自立スタンドはあらゆるシーンに対応。RAM 1GBがネックか。

YOGA Tab 3 10は香港を拠点とした世界最大のPCベンダーである「レノボ」から発売されているタブレットです。

 

海外メーカーでありながら信用性の高い製品であり、質の高いサポートサービスがあるため何かトラブルがあったときでもカスタマーセンターに安心して頼ることができます。

 

SIMフリー対応のタブレットであり、月々の使用料金も大変お得です。そのうえYOGA Tab 3 10の一番の持ち味は「バッテリーが長持ち」というところです。

 

広告には動画を視聴しても約18時間使用することが可能と宣伝されており、実際に1日の使用が1時間~2時間であれば、週にたった1回の充電で十分使用することができます。

 

これならば旅行などで持ち歩くときにもバッテリーの心配はないでしょう。画面下前面にスピーカーがついており、しっかりとした音量で音楽や動画を楽しむことができます。

 

しかも3種類のオーディオモードの切り替えができ、音楽とムービーモード、ゲームモードなどシーンによって使い分けることができます。

 

10インチの見やすい画面であり、これさえあればテレビやパソコンは不要ともいえます。スタンドがついているので、どんな場所にも設置しやすくとても便利です。

YOGA Tab 3 10のスペック

OS Android 5.1
CPU APQ8009 QuadCore 1.3GHz
RAM/ROM 1GB/16GB
画面の大きさ

10.1インチ

解像度 1280×800ドット
カメラ

背面カメラ:約800万画素

バッテリー 8400mAh
重さ 655g
simのサイズ micro-SIM
防水 ×
価格

アマゾンで22000円前後

Lenovo タブレット YOGA Tab 3 10(Android 5.1/10.1型ワイド/Qualcomm APQ8009 クアッドコア)ZA0H0027JP

対応バンド FDD-LTE:1/3/5/8/19

W-CDMA:1/5/8
GSM:2/3/5/8

カラー スレートブラック

YOGA Tab 3 10の辛口評価

YOGA Tab 3 10は、本体の重さは約660gです。

 

持ち運ぶタブレットとして考えると結構な重さであり、長時間持って電子書籍や漫画を読むとなると腕が疲れてしまいます。

 

そのためスタンドを利用して固定させて利用する方法が良いでしょう。また専用のカバーをつけるとよりスタイリッシュになりますが、大きさはさらにかさばりA4サイズのパソコンを持ち歩くといったイメージになるでしょう。

 

仕事先に持ち運ぶといった使い方はあまりおススメできません。また180°回転可能な8MPカメラが搭載されており、写真撮影はもちろん動画撮影やビデオチャットなども利用しやすいです。

 

しかし実際にビデオチャットを利用してみると相手先に自分がうまく映らないといったデメリットがあります。

 

高度なカメラが搭載されているのですが、実用性にはやや欠ける印象がある感じですね。

 

さらにオーディオは高性能で聞きやすいのですが、ヘッドホンを着用するとノイズが聞こえることもあります。

 

周囲に音が聞こえないよう配慮するときは、できるだけヘッドホンではなく音量を下げて利用したほうが良いですね。

 

また10インチ画面ということで大変見やすいのですが、ツムツムなどのゲームをすると、若干画質が落ちて色合いが淡い感じがします。スマホゲームを利用するときは画質が劣るのは残念です。

まとめ

8インチ程度のタブレットだと、最近では音声SIMフリーカードを利用することにより通話も可能なものが多いようです。

 

しかしこのYOGA Tab 3 10は音声SIMカードの利用は不可能であり、通話をすることはできません。

 

その代わりタブレットとしての機能は十分搭載されており、ネットサーフィンや動画を視聴するには十分楽しむことができるでしょう。

 

キッチンやリビングにスタンドを立てた状態で簡単に使え、使用方法も至って簡単です。SIMカードを利用すれば簡単に開通利用することができるので、これまで使っていたタブレットが古くなった、新しいものに切り替えたいときなどにもおススメです。

 

8MPカメラが搭載されていることもあり、最近ではこのYOGA Tab 3 10を祖父母などにプレゼントして、初めてのネット回線や孫とのビデオチャットを楽しむ家族も増えています。

 

画面が程よい大きさなのでどこに置くにも重宝し、タブレットとしての利用の他にもラジオを聞いたり、フォトフレームや目覚まし代わりとして使ったりすることもできるでしょう。

 

またYOGA Tab 3 10は店頭でもネットでも安く購入できるのが魅力です。SIMカード利用でランニングコストも大手会社のタブレットに比べると半額以下で利用できます。

 

トータル的な使い勝手とコストパフォーマンスに優れることを考えると、すでにスマホやパソコンを持っている方にも普段使いの2台目のネット通信機器として十分おススメすることができます。

 

 

関連ページ

スマホとタブレットの2台持ちも格安simで節約できる
SIMフリーのタブレットであれば、wi-fi環境を気にしなくてよく、どこでもつながる! また維持費も安い!
【ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)】
安価で、使いやすいタブレットだと思います。7インチで安価なタブレットなら○。
【ASUS Zen Pad 7.0(Z370KL)】通話もできる台湾製のお値頃感あるタブレット。
持ち運びに便利な7インチのタブレットとして考えると、薄くて軽く、とても好評です。ネット通販で安く購入できる他、家電量販店では交渉次第でさらにお買い得で購入できるかもしれません。
【MediaPad T1 7.0】もたついてイライライするタブレット。ライトに使う人向け
MediaPad T1 7.0は長時間の動画を見たり、容量の重いゲームを続けるには正直なところ不向きです。しかしメールやツイッター、ネット検索やちょっとしたゲームを楽しむのであれば十分楽しむことができます。
【Google NEXUS 7】
コンパクトなタブレットでカーナビ機能がついているのはかなり魅力だ。
【HUAWEI Mediapad X1 7.0】
7インチタブレットで通話機能が付いている機種は少ないので、 タブレットとしてはもちろん、電話としても使いたい人におすすめです。
【Huawei P8max】スマートでキレイなデザインで薄い。中国では高級スマホ。
Huawei P8maxはデザイン性も高く、とても薄くて高性能です。スマートフォン技術の発展が著しい中国の中でも、高級品にあたるHuawei P8max。全体的にサクサクと稼働し、使いやすさも十分満足できます。
【iPadmini4】
iPadmini4と格安SIMの相性を調査するために、通信速度を実測した動画を掲載しております。
【ZenPad 8.0】SDカードも使えてそこそこのスペック。やや重量があるが安価でお手ごろ感ありますね。
ZenPad 8.0は8インチサイズのスマホ兼タブレットです。通話もできることからこれ1台あればスマホとして活用できるのはもちろん、画面を見やすいことから特に電子書籍や漫画をよむときには便利です。
【Lenovo YOGA Tablet 2-8】
【Lenovo YOGA Tablet 2-8】角度調整が自由自在にできる!
【GALAXYTab S 8.4 SM-T705】
機能性を追求するヘビーユーザーにおすすめの一台です。
【NEC LaVie Tab S】
持ち運びに非常に便利な薄型タブレット
【xperia Z3 Tablet Compact】
安さだけでなく性能や使い勝手も重視するならコレ。 薄くてめちゃくちゃ軽く、カメラや高性能ディスプレイ、持ち運びやすさ、などSIMフリータブレットの中では秀逸。
【Apple iPad Air 2】
僕はiPhone6の64GBを持っているのですがそれと比べ物にならないくらい快適に使えます。
【ASUS Pad TF303CL】
【ASUS Pad TF303CL】同クラスを比較して4万円台は買い。ただ電波の掴みが弱いと声も?!
【Google Nexus 9】
ipadと性能面ではほぼ同じだ。安いほうがいいならGoogle Nexus 9はおすすめだぞ!
【Lenovo YOGA Tablet 2-10】
ユニークな点の第一は、OSをAndroidとWindowsのどちらかから選べること! 2種類のOSが販売されているのがYOGA Tabletの大きな特徴ですから、好きな方を購入しましょう。