MediaPad T1 7.0

【MediaPad T1 7.0】もたついてイライライするタブレット。ライトに使う人向け

MediaPad T1 7.0は中国の大手スマホメーカー「ファーウェイ」から発売されているタブレットです。1万円程度で購入できるタブレットとして発売当初から話題になっていました。

 

7インチサイズということで動画や画像を見るにもちょうど見やすく、持ち歩きをするにもカバンにきちんと収まります。

 

重さは278g、厚さはたった8.5ミリの薄さ、携帯しても重さを感じることもなく便利です。購入してからの初期設定が簡単であり、コストパフォーマンスの良さから初めてネットを楽しむ方へのプレゼントとしても最適です。

 

画面は画像の解析度がやや低いため撮った写真などの画像は多少荒く見えますが、発色は明るくきれいなので問題なく楽しむことができます。

 

バッテリーの持ちも良く、ネットで調べ物をする程度なら1日置きの充電で大丈夫です。さらに充電時間も短く済むのがうれしいところです。

 

通常のスマホに比べると画面が大きいため、電子辞書、ゲームアプリ、動画を観覧するにしろ目に負担をかけることなく楽しむことができます。

 

動画を長時間見る、ゲームアプリを大量に入れるといった使い方をするとフリーズしてしまうことも多いのですが、ヘビーユーザーではない通常の使い方をするならば十分使えるタブレットです。

MediaPad T1 7.0のスペック

OS Android 6.0
CPU SC9830I A7 クアッドコア 1.5GHz
RAM/ROM シルバー:1 GB RAM + 8GB ROM

ゴールド:2 GB RAM + 16 GB ROM
MicroSDスロット(最大128GB)

画面の大きさ

7インチ

解像度 1024×600ドット
カメラ

背面カメラ:約200万画素
前面カメラ:約200万画素

バッテリー 4100mAh
重さ 278g
simのサイズ micro-SIM
防水 ×
価格

アマゾンで9800円前後

Huawei タブレットMediapad T1 7 WIFI(Android4.4+EMUI 3.0/7inch/SC7731G, Quad-core A7 1.2GHz) シルバー T1-701W

対応バンド FDD LTE: B1/B3/B8/B19

TDD LTE: B41
UMTS: B1/B6/B8
Bluetooth通信/v4.0(v2.1互換)
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n( 2.4GHz準拠)

カラー ブラック

MediaPad T1 7.0の辛口評価

MediaPad T1 7.0はWi-Fi、テザリング経由でネットとリンクすることができますが、Wi-Fiの場合チャンネル設定を変えないとうまくつながらないことがあります。

 

そのため購入したのに家でのWi-Fiとうまくリンクせず、焦ってしまうことがあるかもしれません。中国製品ということでカスタマーセンターへの問い合わせも不安になりますが、きちんと日本人が対応してくれるのでその点は大丈夫です。

 

また長時間使い続けていると本体が熱くなり、タッチパネルの反応が悪くなることがあるのでたまに休ませてあげましょう。

 

画像の明るさは満足できますが、解析度が粗いため写真を撮るのはあまりおススメできません。プリントした写真も美しいとはいえないできばえです。

 

またゲームもできますが容量が8GBしかないため多くのゲームをインストールすると残りの容量がとても少なくなってしまいます。

 

動作もiPhoneなどのスマホに比べると重く遅いので、3D表示を多用するようなゲームには向かないでしょう。

 

最後に音質もあまり良くないので、音楽をダウンロードして聴くのはもったいない印象です。1万円程度で購入できるタブレットなので、あまりに多くの機能や高性能を求めるのはやめましょう。

 

まとめ

動画やゲームをするにしろ大きめの7インチの画像で利用できるのはとても便利です。

 

コストパフォーマンスに優れていることを考えると、すでにスマホやパソコンを持っている人にも2台持ちとして購入をおススメできます。

 

またその画面の大きさゆえ運転時にカーナビとして使うこともできます。ただ長時間続けて使っているとGPSの位置情報の特定ができないことがあるので、たまに休ませてあげることが必要です。

 

バッテリーは持つとはいえ、ずっとWi-Fiやテザリングとつながっていると消費は多少早いです。

 

このタブレットを快適に使うコツとしては、メモリーをこまめに解放してあげたり、バックグラウンドで作動しているアプリをチェックしたりして、消費を抑えると快適に動かすことができます。

 

ほぼすべてのゲームをダウンロードして楽しむことができるので、ポケモンGOも楽しめます。ただ使い続けると動作が遅くなりカクカクとした動きになってしまうので、長時間ポケモンGOを楽しむならばやはり機能性の高いスマホを使うことがおススメです。

 

7インチ画像のタブレットを持って歩き続けるのも結構大変です。

 

MediaPad T1 7.0は長時間の動画を見たり、容量の重いゲームを続けるには正直なところ不向きです。しかしメールやツイッター、ネット検索やちょっとしたゲームを楽しむのであれば十分楽しむことができます。

 

ハイスペックな機器とはいいがたいですが、普段使いで楽しむのならばおススメできるタブレットです。

関連ページ

スマホとタブレットの2台持ちも格安simで節約できる
SIMフリーのタブレットであれば、wi-fi環境を気にしなくてよく、どこでもつながる! また維持費も安い!
【ASUS MeMO Pad 7(ME572CL)】
安価で、使いやすいタブレットだと思います。7インチで安価なタブレットなら○。
【ASUS Zen Pad 7.0(Z370KL)】通話もできる台湾製のお値頃感あるタブレット。
持ち運びに便利な7インチのタブレットとして考えると、薄くて軽く、とても好評です。ネット通販で安く購入できる他、家電量販店では交渉次第でさらにお買い得で購入できるかもしれません。
【Google NEXUS 7】
コンパクトなタブレットでカーナビ機能がついているのはかなり魅力だ。
【HUAWEI Mediapad X1 7.0】
7インチタブレットで通話機能が付いている機種は少ないので、 タブレットとしてはもちろん、電話としても使いたい人におすすめです。
【Huawei P8max】スマートでキレイなデザインで薄い。中国では高級スマホ。
Huawei P8maxはデザイン性も高く、とても薄くて高性能です。スマートフォン技術の発展が著しい中国の中でも、高級品にあたるHuawei P8max。全体的にサクサクと稼働し、使いやすさも十分満足できます。
【iPadmini4】
iPadmini4と格安SIMの相性を調査するために、通信速度を実測した動画を掲載しております。
【ZenPad 8.0】SDカードも使えてそこそこのスペック。やや重量があるが安価でお手ごろ感ありますね。
ZenPad 8.0は8インチサイズのスマホ兼タブレットです。通話もできることからこれ1台あればスマホとして活用できるのはもちろん、画面を見やすいことから特に電子書籍や漫画をよむときには便利です。
【Lenovo YOGA Tablet 2-8】
【Lenovo YOGA Tablet 2-8】角度調整が自由自在にできる!
【GALAXYTab S 8.4 SM-T705】
機能性を追求するヘビーユーザーにおすすめの一台です。
【NEC LaVie Tab S】
持ち運びに非常に便利な薄型タブレット
【xperia Z3 Tablet Compact】
安さだけでなく性能や使い勝手も重視するならコレ。 薄くてめちゃくちゃ軽く、カメラや高性能ディスプレイ、持ち運びやすさ、などSIMフリータブレットの中では秀逸。
【Apple iPad Air 2】
僕はiPhone6の64GBを持っているのですがそれと比べ物にならないくらい快適に使えます。
【ASUS Pad TF303CL】
【ASUS Pad TF303CL】同クラスを比較して4万円台は買い。ただ電波の掴みが弱いと声も?!
【Google Nexus 9】
ipadと性能面ではほぼ同じだ。安いほうがいいならGoogle Nexus 9はおすすめだぞ!
【Lenovo YOGA Tablet 2-10】
ユニークな点の第一は、OSをAndroidとWindowsのどちらかから選べること! 2種類のOSが販売されているのがYOGA Tabletの大きな特徴ですから、好きな方を購入しましょう。
【YOGA Tab 3 10】10型タブレット。自立スタンドはあらゆるシーンに対応。RAM 1GBがネックか。
YOGA Tab 3 10は香港を拠点とした世界最大のPCベンダーである「レノボ」から発売されているタブレットです。海外メーカーでありながら信用性の高い製品であり、質の高いサポートサービスがあるため何かトラブルがあったときでもカスタマーセンターに安心して頼ることができます。