【ASUS ZenFone 3】

【ASUS ZenFone 3】デュアルsim・スタンバイができる格安スマホ。ガラスボディながら前モデルより軽量化された一台。

ASUS ZenFone 3

発売日:2016年10月7日

 

ASUS ZenFone 3は日本国内では
ZenFone 3 (ZE520KL)
ZenFone 3 Deluxe (ZS550KL)
ZenFone 3 Deluxe (ZS570KL)
ZenFone 3 Ultra
の4種類が発売されています。

 

*laserは別記事で解説

 

両面ガラス素材でデュアルスタンバイやau VoLTE対応。

 

デザインの良さはいうことないのですが、レスポンスが非常にいいです。

 

メイン端末はiPhone7Plus使っているのですが、レスポンスに関してはZenFone 3のほうがいいです。

 

フリック・スワイプしても引っかからない。

 

全体的に台湾で販売されているうものより5000円~1万円ほど高く、全体的に割高感が否めません。

 

台湾での販売価格がまさしく適正価格かと思われます。並行輸入品の台湾版をあえて買う人もいますね。

 

ZenFone 3 (ZE520KL)の特徴

DSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)対応
メインメモリは3GBで今の格安スマホの中では平均的
表面ガラスの質がよくなりフリックしやすくなった
カメラの画質はIphone4~5の画質未満という印象
指紋認証がときどき鈍くなる

 

ZenFone 3 Deluxe(ZK550KL)

DSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)対応
条件付きでもau回線でのDSDS利用できるスマホは希少で価値あり
ゴリラガラス4を採用。高級感がある。
auキャリアのSIMは利用できない。au回線を利用している格安SIMのみが利用できる
au回線で音声通話もしくはSMSを利用したい場合はVoLTE対応SIMが必要
(データ通信のみの利用であれば4G LTE対応SIMとVoLTE対応SIMが使用可能)

 

ZenFone 3 Deluxe(ZK570KL)

10月の終わりごろから販売を停止し入荷待ち状態だった機種。
不具合が相次いで販売終了しました。

 

ZenFone 3 Ultraの特徴

DSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)対応
6.8インチと大きい画面でPCサイトも快適に見れる
auVoLTEやキャリアアグリゲーションもサポート
ユーザー辞書が使えないので単語登録が英数字
ポケットにギリギリ入るがかがめない

 

ワンポイントアドバイス
DSSS
2枚のSIMを挿入できるが、SIMの切り替えが必要。
DSDS
1枚のSIMカードでデータ通信中に、別のSIMカードで音声通話3Gの待ち受け可能。音声通話を開始した時点で、データ通信は遮断される。
DSDA
2枚のSIMが同時に使えるので、音声通話をしながらデータ通信も可能。

 

ASUS ZenFone 3のスペック

ZenFone 3 Deluxe(ZK570KL)が販売終了ということで省きます。

ZenFone 3

(ZE520KL)

ZenFone 3 Deluxe

(ZS550KL)

ZenFone 3 Ultra
アマゾン価格 40000円前後 60000前後 65000円前後
OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
CPU クアルコム Snapdraton 625

(2.0GHz, オクタコア)

クアルコム Snapdraton 625

(2.0GHz, オクタコア)

クアルコム Snapdraton 652

(1.8GHz, オクタコア)

RAM/ROM 3GB/32GB 4GB/64GB 4GB/32GB
画面の大きさ

5.2インチIPS液晶

5.5インチIPS液晶

6.8インチIPS液晶

解像度 1920×1080ドット 1920×1080ドット 1920×1080ドット
カメラ

背面カメラ:約1,600万画素
インカメラ:約800万画素

背面カメラ:約1,600万画素
インカメラ:約800万画素

背面カメラ:約2.300万画素
インカメラ:約800万画素

バッテリー 2650mAh 3000mAh 4600mAh
サイズ 約146.8×73.9×7.69 約151.4×76.7×7.8 約186.4×93.9×6.8
重さ 144g 160g 233g
simのサイズ micorSIM / nano SIM micorSIM / nano SIM nanoSIMスロット×2

*SIMカードスロット2とmicroSDカードは排他利用となるため、同時に使用不可

防水 × × ×
おサイフケータイ × × ×
対応バンド FDD-LTE(4G) : Band 1, 2, 3, 5, 7, 8, 18, 19,26, 28

TD-LTE(4G):Band 38,39,40,41
W-CDMA(3G) : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
GSM:850 /900/1800/1900

FDD-LTE(4G) : Band 1, 2, 3, 4. 5, 7, 8, 12. 17. 18, 19, 20, 26, 28

TD-LTE(4G):Band 38,39,40,41
W-CDMA(3G) : Band 1, 2, 4. 5, 6, 8, 19
GSM:850 /900/1800/1900

FDD-LTE(4G) : B1. 3. 5. 7. 8. 18. 19. 20. 26. 28

TD-LTE(4G):Band 38,40,41
W-CDMA(3G) : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
GSM:850 /900/1800/1900
キャリアアグリゲーション:2CA対応

カラー サファイアブラック

ムーンライトホワイト

シルバー

ゴールド

シルバー

グレー
ローズゴールド

 

ZenFone 3を取り扱っている格安sim(MVNO)と料金

格安simとセット販売している業者

DMMモバイル

ZE520KL
一括39800円
分割払い:月2115円×24

 

楽天モバイル

ZE520KL
一括32800円
分割払い:月1650円×24

 

マイネオ

ZE520KL
一括39600円
分割払い:月1480円×24

 

OCNモバイルONE

ZE520KL
一括39800円
分割払い:月1750円×24

 

IIJmio

ZE520KL
一括38800円
分割払い:月1650円×24

 

ビッグローブ

ZE520KL
分割払い:月1650円×24
分割のみのようです。

 

UQモバイル

ZE520KL
一括34800円~
分割払い:月1580円~×24
Deluxe
一括50800円~
分割払い:月1580円~×24
ZenFone 3 Ultra
一括:記載なし
分割払い:月3480~円×24

 

ASUS ZenFone 3の口コミ

カメラが逆光に強い


 

GPSの位置の揺らぎが大きい


 

日本版はなぜか高いという真実


 

Zenfone 3 Deluxeはバッテリーか無くなるとデータが全部飛ぶ恐ろしいデバイス


ASUS ZenFone 3の注意する点

ドコモのカケホーダイプランはプラス500円かかる

デュアルsim対応で2枚のsimを同時に挿して使えるZenFone 3ですが、docomoのカケホーダイプランのSIMをZenFone3に差すと「指定外デバイス利用料500円」が発生します。

 

これはsimフリースマートフォンでカケホーダイを使いづらくさせるためで、カケホーダイがないsimであれば「指定外デバイス利用料」は発生しません。

まとめ

最大の魅力はデュアルsim・スタンバイ。

 

片方はかけ放題の通話sim、もうひとつはデータ通信用と使い分けができ、それでいてiPhoneの半値で買える3万円前後の価格で手に入るのは魅力です。

 

XperiaやiPhoneからの乗り換えユーザーも多い。

 

ハイエンドのスマホと5万円を超える時代を考えるとかなりお値打ちなスマホです。

 

関連ページ

【トーンモバイル(TONE mobile)】小学生・中学生やシニアなど初めてスマホを持つ方に評判がいい
実機レビューあり。わからないことはサポートセンターにスグ電話できるので、こどものことやご年配の方のことよく考えたサービスを展開しているなぁという印象です。私も息子が一人いますのでこども向けの機能はとても便利に感じます。
【5万円以上の格安スマホランキング】
値段は気にしない。とにかく高スペックのスマホが欲しい人は読みすすめてください!
【3万円以上の格安スマホランキング】
ここでは3万円以上の高性能の格安スマホをランキングしています!長く使えて動画もネット閲覧もストレスなくサクサク見れるのが高性能スマホの魅力ですね。
【2万円台の格安スマホランキング】
ここでは2万円台のそこそこ性能がいい格安スマホをランキングしています!この価格帯は一番ニーズがありますね。
【1万円台の格安スマホランキング】
ここでは1万円台の格安スマホをランキングしています!安くても十分満足できるスマホはあります。
【初めての方に人気の格安スマホランキング】はじめてで使い勝手がよく満足できるsimフリー端末なら
ここでは「初めてスマホを買う!」という人の為に目的別でわかりやすく格安スマホを網羅しています。
ポケモンGOに対応しているAR機能(ジャイロセンサー付き)スマホはコレ
大阪難波駅から日本橋駅までプレイ。動画撮影をするためスマホとパソコンを両方持ちながら歩いたので、通りすがるおっさんや自転車乗っている香水のニオイがきつい大阪のおばはんには相当いやな目で見られましたが、そんなのお構いなしに堂々とポケモンをゲットしました。
格安スマホで緊急地震速報などのエリアメールを受信できる?
格安スマホで緊急地震速報などのエリアメールを受信できる?
格安スマホが故障したとき端末保証のある業者はどこ?
ドコモ・au・ソフトバンクは万が一スマホが故障してしまっても保証プランがあります。格安スマホも同じように端末保証のオプションがある業者はあります。
こんな人は格安スマホに乗り換えてはダメ!!大手キャリアと格安sim(スマホ)結局どっちがいいの?
料金比較や大手キャリアの方が向いている人と格安sim(スマホ)が向いている人を比較しました。
格安スマホ・格安sim1~10GBの高速通信でyoutubeLINEどのくらいできる?
1GBのsimで月当たり約4時間30分youtube動画を見れるという実験結果がでました。
格安スマホや格安simでLINEを引き継ぐときの注意点と使用できなくなること
ID検索は残念ながら利用できません。ここでは格安スマホや格安simでLINEの年齢認証ができないときの対処法と引き継ぐときの注意点を説明したいと思います。
ドコモやau、ソフトバンクのiPhoneから格安スマホに乗り換えもしくは格安simを使いたい!
【acer Liquid Z530】2万円前後のsimフリー端末でこのコスパはすごい。
あんまり目立っていないsimフリー端末ですが、コストパフォーマンスは間違いなくいいです。
【ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL)実機レビュー】スペック重視は平均的。気軽に使える格安スマホ
人気が高い。定番中の定番になりつつありますね。 ASUS Zen Fone 2 LaserはASUS Zen Fone5の後継機種として販売されたスマホで、よりコンパクトになり進化しています。
【arrows M02/RM02】防水機能は最強!さらに頑丈で使いやすい。はじめての人にも◎
arrows M02/RM02は3万円台のミドルクラスのスマホですね。価格,comでは売り上げランキング1位だったこともあるsimフリー端末ですね。iPhoneから乗り換える人も多く、結構売れています。 丈夫で頑丈な上バッテリーの容量も多く、長く使っても壊れにくい特長があります。
【arrows M03】防水・防塵でタフでワンセグついてて一番売れてるキングオブ格安スマホ!
現在人気絶好調のarrows M03。3万円台と値段はフツーですが、ワンセグと防水・防塵はつい欲しい!と思わせるニクイ格安スマホです。
【Ascend Mate7】6型の大画面とバッテリー持ちが抜群!
【Ascend Mate7】6型の大画面とバッテリー持ちが抜群!
【Ascend G6】激安機の中では本体も小さく、軽いのも差別化のポイント
画面は4.5インチと大きめの画面が多いスマートフォンの中で小さめな画面なのは、使いやすさの点で魅力です。片手操作をしたい方や手の小さい方にはぴったりでしょう。
【ASUS ZenFone 3 Max】2万円を切る格安スマホ。確実にライトユーザー向け
ZenFone 3 Maxは確実にヘビーユーザー向けではなく、たまにツイッター、LINEをしたり、クックパッドを見たりするライトユーザー向けです。 16GBだと容量は決お世辞にも容量が多いとは言えないので、動画や写真は外部ストレージに保存するなどして工夫しましょう。
【ASUS Zen Fone Go】2万円を切る格安スマホなら十分性能は◎。ただポケモンgo!のプレイは要注意だぞ
価格は抑えたいけど性能は妥協したくないという方にピッタリのスマホ。ただしポケモンGO!は要注意!
【ASUS Zenfone Selfie】自撮りカメラとして使うならこれ。個人的にサブ機かなぁ。
自分の顔とわからないくらいく修正し偽る・・ゲフンゲフ、失礼、自分の顔だとわかる範囲でかわいく修正可能。
【ASUS Zen Fone Max】バッテリーがスーパー大容量のマッチョな格安スマホ。
ここまでバッテリーの特化した筋肉質なスマホも珍しいですね。ある意味気持ちがいいわ。
【AQUOS SH-M02】防水でオサイフケータイ対応。値下げでねらい目か。
楽天モバイルとDMMモバイルで格安スマホとして販売しています。値下げで今が狙い目かもしれません。
AuBee smartphone 「elm.」 1万円を切る激安スマホ!千円台ならこれ。
格安スマホの代表ともいえるこの端末はなんと7,000円前後というお値段。数万円もする端末が当たり前ですが、この機種は数千円と桁が違います。
【BlackBerry Passport】パソコンと同じキー配列が使える!キーを指で撫でるとスワイプも可能。
使えるアプリは少ないものの、最低限必要なアプリは揃っています。動作自体はサクサク動くし、カメラも1300万画素ときれいに撮れるので、見た目とは違いSNSなどに写真を投稿することにも向いています。
【BlackBerry PRIV】カッコイイの一言。QWERTYキーボードを実装したAndroid端末
スライドさせることでシャキッと出し入れされるハードウェアQWERTYキーボードが純粋にカッコイイです。 (o^-')b
【Desire 626】デザイン色が珍しいブルーとピンク。それほど性能にこだわらなくていいならコレ。
Desire 626は、普段使いの快適性、必要十分なスピーカー音質やカメラ性能を備えており、全体的にバランスの良いスマホです。
【AQUOS mini SH-M03】コンパクトで高性能で防水。小型の格安スマホをお探しならコレ。
AQUOS mini SH-M03の特徴を総合的に考えてみると、十分にメイン機として使用可能な良機種といえます。小型でハイエンドな構成はもちろんのこと、国内でしっかり使える機能が充実していることがプラスになっています。
【Desire EYE】防水機能もありGPSのつかみが良好。樹脂製のボディーも人気。
防水であったり、本体の両端に内蔵されている2つのスピーカーで大音量ステレオサウンドを楽しめる!
【honor8】売り切れていることもある人気の機種。楽天モバイルで買える
honor8(オナーエイト)は楽天モバイルが独占して販売している格安スマホ。高級スマホHUAWEI P9と引けをとらないほどの高性能格安スマホで、この2つの違いはサイズと重さ、RAMくらいで(honor8は4GB・HUAWEI P9は3GB)非常に似ています。
gooのスマホ「go5」(ぐーまるご)メモリも3GBあり、マイナーながらびびるほどの性能だぜ!
価格は4万円前後と安くはなくマイナーな機種ですが、、ハイエンド端末が10万円近くすることを思えばこの価格ですばらしい!という機能を備えています。
【HUAWEI GR5】3万円台のスマホにしては良い印象。指紋センサーが魅力。
メイン機として十分使用に耐えうるスマホといえます。コストパフォーマンスにすぐれ、カメラ、指紋認証パネル、質感、画面の見やすさは及第点ですので、トータルバランスが良い機種です。
【HUAWEI P9の口コミ・評判】カメラがすごい!値段は高めだがこの性能ならコスパはグッド
目玉はなんと言ってもカメラレンズ。レイカ製といってレンズのお値段はキャノンの2倍。価格.comでも上位にランクイン。
【HUAWEI P9 liteの口コミ・評判】3万円未満の格安スマホの中では高スペック
メタルボディが美しいHUAWEI P9 liteは、何といってもそのCPU処理能力が魅力ですねー。
【HUAWEI nova】iPhone7にも負けない完成度。サクサクでレスポンスがグッド
全体的に無難なスペックにまとまっていて非常に使いやすい。5インチと比較的コンパクトなので取り回しが効き、デュアルスタンバイができるミドルクラスのスマホです。
【HUAWEI nova lite】ホントに2万円?!格安スマホの売れ筋1位2位を争う人気。
負荷のかかるゲームだなどは難しいかもしれませんが、いま格安スマホデビューを悩まれている方は自信をもってオススメできる端末です。
【HUAWEI Y6の口コミ・評判】 2万円をきる格安スマホ。低価格だけに処理性能は低い。
HUAWEI Y6の評価を総合すると、実売価格が少し安くなればメインあるいはサブ機(2台目)としての購入を考えても良い機種、といえるでしょう。
【iPhone7/7 Plus】についてのまとめ記事
ここではiPhone7/7 Plusについて、より深く掘り下げて解説しております。
【KC-01】コンパクトサイズの防水スマホ。だがスペックは期待しないほうがいい。
開発元はかの有名な京セラで、このスマートフォンは4.5インチで片手でも扱いやすいサイズにまとまっています。
【Liquid Z330】性能は高くないが、1万円台では標準的な格安スマホ
Liquid Z330の長所と短所を総合すると、「2台目もしくは中級者以上向けのスマホ」という評価になるでしょう。
【LUCE KCP01K】スポーツなどアクティブに持ちたい人にピッタリ!しかも低価格
京セラLUCEはmineoに提供されており、低価格で丈夫な格安スマホだ!スポーツなどアクティブな人にバッチリ。
【Mate S】高級感あるデザインで強度もバツグン。ただ3D処理が弱い。
確かに1世代前のCPUを採用していたり、コストパフォーマンスがイマイチであるなどの短所はあるものの、デザインと画面表示の美しさは購入に値するものです。
【Moto G4 Plus】3万円台では1位2位を争う人気格安スマホ。最新のデュアルsimで4Gと3Gの同時利用が可能
満足度と人気共に1位を争うMoto G4 Plus。デュアルsimでも他の端末にはほとんどみられない4Gと3Gの同時利用が可能という特徴を持っています。
【Moto X Play】2100万画素のカメラは秀逸。バッテリー容量が横綱級。
3万円台というスマートフォンはよくある価格設定なのですが、その中でも性能はひとつ飛び抜けているものがあります。2100万画素のカメラです。
【NuAns NEO】独特なオシャレなカバーで他と差別化したスマホ。
アクセサリーメーカーが自社開発したスマホ。windows10搭載がウリ。仕事用かな?ポケモンgo!はできないぞ!
【VAIO Phone Biz】ワードやエクセルが使える珍しいスマホ。ビジネスマン向け。
一番の売りポイントはWindows10と相性が良いこと。Windows関連のアプリが使えることはビジネスでは非常に便利です。
【ZTE BLADE E01】1万円台でデュアルsimの格安スマホならこれしかない。
ZTE BLADE E01は実売価格が15000円を切るという低価格なエントリーモデルです。しかし、その価格とは裏腹に十分なスペックを搭載していることで、コストパフォーマンスの良さを実現しています。
【ZTE Blade V6】薄く、軽いが特徴。レスポンスはやや悪いか。
一世代前の機種からの買い替えであれば、メイン機としてもサブ機としても満足できる可能性が高い機種です。
こどもに持たせる格安スマホ・キッズケータイの選び方
ここではこどもにオススメのスマホやアプリ、こどもスマホの基礎知識について解説したいと思います!
【小学生くらいのこどもの格安スマホ選び】こどもに持たせる格安スマホやSIMってなにがいい?
最近では3歳時でもスマホでゲームをしたり、アプリで遊んだりしますね。そのうち大きくなってきたら「スマホ持ちたい!」と言いだすと思います。こどもといっても3歳児から中高生まで幅広いのですが、小学生くらいのこどもだと手が小さいこともありあまり大きくないほうが使いやすいと思います。
【シニア層の格安スマホ選び】
じっちゃんばっちゃんが見やすくて使いやすい、老眼に優しいスマホはこれ。。。だと思います。