DMMモバイルの月額料金と通話料金はなぜこんなに安いのか。

DMMモバイルの月額料金と通話料金はなぜこんなに安いのか。

DMMモバイルの月額料金明細

DMMモバイルはあくまで入口。DMMのサービスを知ってもらうためのきっかけ

DMMモバイルはMVNOではありますが、格安simで利益を得ようと思っていません。

 

DMMのサービスを利用してもらうことで結果的に黒字が出ればという経営姿勢です。

 

DMMモバイルはあくまで入り口。DMMのサービスを知ってもらうためのきっかけです。

 

なので他社が料金を下げるとすかさず同じ値段かそれ以下の料金変更を仕掛けてきます。

 

ここまでこだわるこの意気込みはほんと見習うべきものがあります。

 

DMMモバイルは2次業者

MVNO事業者には1次業者と2次業者とあります。

 

1、MNO(大手キャリア)→MVNE→MVNO→ユーザー
2、MNO(大手キャリア)→MVNO→ユーザー

 

の2パターンあるんですね。

 

MVNEとMVNOの解説の図

 

DMMは後者で2次業者にあたり、「IIJmio」からMVNO事業をするためのインフラを借りています。

 

IIJmioは大手キャリアとレンタル料金の交渉をしたり、課金システムを構築したりして、2次業者に「格安sim事業のパッケージ」として提供しています。

 

おかげで2次業者のDMMは集客に専念できるというわけです。

 

DMMモバイルのシングルコースの月額料金

格安sim1枚のプランの月額料金

シングルコースと言って「格安sim1枚だけ契約した時の音声通話とデータ通信用の月額料金です。他のMVNO業者と比べても安いです。

コース名

データ通信量sim
(SMSなし)

データ通信量sim
(SMSあり)

音声通話つきsim
ライト 440円 590円 1140円
1GB

480円 
4月に値下げ!

630円 1260円
2GB 770円 920円 1380円
3GB 850円 1000円 1500円
5GB 1210円 1360円 1910円
7GB 1860円 2010円 2560円
8GB 1980円 2130円 2680円
10GB 2190円 2340円 2890円
15GB

3600円 
4月に値下げ!

3750円 4300円
20GB 4980円 5130円 5980円

DMMモバイルのシェアコースの月額料金

シェアコースの名義はひとりでOK

DMMモバイルのシェアコースは最大で3枚までの格安simが持てるコースです。

 

3枚それぞれ1枚ずつ契約しなくて良くて契約は1人のみでOKで、1人に対して格安sim3枚まで与えられるという形になります。

 

その1人が家族や友人、彼氏彼女にsimを渡してシェアをできるのがこのプランの醍醐味です。

 

格安sim3枚までのシェアプランの月額料金

シェアコースと言って家族や友人・彼氏彼女とシェアできるプランです。

 

契約者はひとりでOKですが、MNPできるのはその1回線のみなので注意してください!

プラン 容量 月額料金
データsimのみ 

最大3枚のケース

8GB

10GB
15GB
20GB

1980円

2190円
3600円
4980円

通話sim1枚


データsim最大2枚

8GB

10GB
15GB
20GB

2680円

2890円
4300円
5980円

通話sim2枚


データsim最大1枚

8GB

10GB
15GB
20GB

3380円

3590円
5000円
6680円

通話sim3枚 8GB

10GB
15GB
20GB

4080円

4290円
5700円
7380円

 

ただしMNPはひとりまで

最大3枚まで格安simをもてるのですが、契約者は1人のためMNPをするにはその1人しかできず、あとの2枚目3枚目はMNPでは契約できないというデメリットがあります。

 

以前の電話番号を引き継げるMNPができるのはひとりのみなんです。

 

なので、もしご家族でDMMモバイルにMNPで乗り換えたい場合は、2~3枚目は新規の電話番号を申し込むという形になります。

 

家族全員が電話番号そのままで使いたいのなら、3枚ともそれぞれ新規でMNPするしかありません。

 

それでもDMMモバイルは業界屈指の低料金を実現させていますので、検討する価値は十分にありますよ。

 

アマゾンの格安simはシングルプランなので要注意

アマゾンでもDMMの格安simは販売されておりますが、これはシングルコースですので、シェアコースを申し込むにはDMMモバイルに直接申し込みをしなくてはいけませんので注意してください。

DMMモバイルの通話料金は基本20円/30秒

 

 

DMMトークを使えば通話料は20円/30秒と半額になる

DMMトークを使えば通話料は20円/30秒→10円/30秒と半額になります。

 

税抜き価格ですので21.6円→10.8円になります。(消費税8%の場合)

 

DMMトークはDMMモバイルを契約している人だけでなく、DMM会員になっているひとも使える便利な通話アプリです。

 

IP電話と違い電話回線ですので品質がよく安定した通話が可能です。

 

電話帳も自動で連携できるので煩わしい設定も必要なし。

 

電話料金の支払いはクレジットカードですので注意してください。

 

DMMトークのデメリット

DMMトークの難点はいくつかあり、
・フリーダイヤル使えない
・緊急電話使えない
・050電話が使えない

 

と不便な点もあります。この場合は、DMMトークを使わずに通話しましょう。

最低利用期間は12カ月

DMMモバイルの音声通話simの最低利用期間は12カ月間でやや長めです。

 

とはいってもほとんどのMVNおが12カ月です。他のMVNOと比べてみましょう。

 

各社MVNO最低利用期間

MVNO 音声通話sim データ通信sim
DMMモバイル 12カ月 利用開始日を含む月の末日まで
楽天モバイル 12カ月 なし
マイネオ 12カ月なし なし
OCNモバイルONE 6カ月 なし
IIJmio 12カ月 利用開始日の翌月末まで
U-mobile 6ヶ月(LTE使い放題プランは、12ヶ月) なし
UQモバイル 12カ月

(ぴったり・たっぷりプランは2年)

なし

まとめ

どのプランもとにかく安いDMMモバイル。

 

管理人はDMMモバイルはタブレットで子供と一緒に使っていて、自宅に無線のwifiがあるのでいまのところ1GBで十分です。

 

旅行の時はちょっと物足りなくなりますが、モバイルwi-fiルータもあるのでうまく併用してネット環境を整えています。

 

モバイルwifiルーターWO3

 

料金プランの変更も可能で、翌月までならデータの繰り越しもできます。

 

毎月の通信費を大幅に抑えるならDMMモバイルで決まりです。

 

関連ページ

DMMモバイルのキャンペーンを利用して乗り換えたい!2017年7月のキャンペーン情報
一番お得に契約するにはDMMモバイルのキャンペーンを利用するのは確実に賢い選択。期限があるのでお早めに。
DMMモバイルはIIJから回線を借りている。速度はまぁまぁという評価。
DMMモバイルはIIJmioから回線をレンタルして運営しています。2次業者だからと言って速度が遅かったりするわけではありません。証拠に他のMVNO業者に負けていませんよ。
DMMモバイルの申し込み・乗り換えの流れ・APN設定の手順
DMMモバイルのAPN設定を解説。iPhone6とARROWS M02で説明しています。
ガラケーからDMMモバイルの格安スマホに乗り換え無事開通しました!
この度自習してガラケーからスマホに乗り換えました。私と同じ境遇の方へ。参考にして頂ければ幸いです。