ページTOPへ

【2016年8月版】満足度の高いおすすめの格安SIM(MVNO)比較ランキング|格安SIM総選挙

MENU

満足度の高いおすすめの格安SIM(MVNO)比較 2016年度

 

当サイトへようこそ!管理人のパパちです。
格安SIMを使って、スマホを楽しむ時代になりました。たくさんの企業が参加しているので頭が混乱してしまうかも知れませんね。

 

このページでは格安simを契約するのにできるだけ後悔しないようにおすすめの格安SIM会社を比較しました。

 

・通信費の安さ
・ネット速度の快適さ
・人気・シェア
・料金プランの豊富さ
・格安スマホとのセット販売の充実さ
を基準に選び、総合的に見てランキングにしました。MVNO業者は随時追加していきます。お役に立てれば幸いです。


 

 

2016年度8月の総合評価はこのようになりました。

 

料金の安さ:音声通話つきの3GBのプランで比較。
通信速度:測定日8/2の測定結果を元に評価。電波は4〜5本立っている時に測定
人気・シェア:MMDの調査を元に評価
料金プランの豊富さ:7月度の料金プランを元に独自評価
格安スマホとのセット販売の充実さ・補償内容:各社の品揃えを元に独自評価

MVNO業者 料金の安さ 通信速度 人気・シェア プランの豊富さ スマホとセット販売 平均ポイント
mineo

4

3.5

4

4.5

4

3.9
楽天モバイル

4.5

5

4

4

5

4.5
ocnモバイルone

4

3.5

5

4.5

4

4.2
IIJmio

3.5

4

4.5

4

3.5

3.9
ビッグローブ

3.5

4

4

4

3.5

3.8
DMMモバイル

5

4

3.5

5

4.5

4.4
u-mobile

3.5

3

4

4

4.5

3.8
UQ-mobile

3

5

3

3.5

3.5

3.6

 

1位:楽天モバイル格安スマホの品揃え1位
2位:DMMモバイル料金の安さ1位
3位:OCNモバイルONE人気は安定の1位
4位:mineo
5位:IIJmio
6位:ビッグローブ
7位:u-mobile
8位:uq-mobile速度は圧巻の1位
という結果になりました。

 

同ポイントの場合は、当サイトが重視している、料金の安さ→通信速度→シェア→プランの豊富さ→スマホの品揃えの順で評価しております。

 

8月は楽天モバイルが総選挙1位でした!

 

新プランになってからの速度の速さ、スマホの品揃え、simとスマホセットでの値引きなどのキャンペーン、すべて考慮して楽天モバイルは一番自信を持っておすすめできます。

 

サポートも大手企業なので安心できますし、貯まったポイントでお買い物も出来ますよね。

 

いまなら楽天モバイルに申し込みますね。

 

2位はDMMモバイル。料金の安さで行くならDMMで間違いありません。

 

3位はOCNモバイルONE。NTTコミュニケーションズという大手企業なので安定ののシェア1位ですね。

 

IIJmioとmineoは同率の4位。IIJmioは複数枚simが持てるし、mineoはタダで赤の他人が容量を分けてくれるおもしろい独自のサービスがあります。

 

ビッグローブは料金面で多少高いイメージですが、プロバイダの大手会社で全国8万カ所以上で使えるBIGLOBE Wi-Fiが魅力ですね。シェアは4番手です。

 

u-mobileは速度が出なかったのとuq-mobileはiPhoneやiPadなどのios9に対応していないのでイマイチ評価です。

 

simの乗り換えは難しくない

 

はじめてsimを自分で設定したり挿入したりするのはなれないかもしれませんが、驚くほどカンタンですぐ慣れると思います。

 

当サイトでは格安simの設定方法がわからないという方の為に、iPhoneでの設定方法を動画で解説しております。アンドロイドの設定方法については随時アップしていきます。

 

速度の測定は「speedtest」で測定しています。測定機種はiPhone6。

 

動画やネット閲覧するときのイライラを体感するためスピードテストの数字だけに頼らず、実際ブラウジングしたりyoutubeを閲覧した動画を撮影しております。

 

速度は、上がり(アップロード)と下り(ダウンロード)は数字が高いほど通信速度が速く快適で、PINGはアップロードやダウンロードと違い値が小さいほうが良いとされています。

 

上がり(アップロード):スマホからサーバーにデータをアップロード(送る)する速度。数字が大きいほど◎

下り(ダウンロード):サーバーからスマホにデータをダウンロード(読み込む)する速度。数字が大きいほど◎

PING:応答速度。データを送信してから返事が返ってくるまでの所要時間。数字が小さいほど◎

 

格安simは安いだけでなく、クックパッドの閲覧や簡単なゲーム、音楽のダウンロード、写真の保存なども難なくできます。

 

速度は大手キャリアにかなわないけど、毎月の携帯代金も安くできて満足できる。あなたにピッタリのsimを見つけてくださいね。

 

格安sim・格安スマホの使えるまでの設定について

iPhoneの場合はネット環境が必要になります。APNの設定にネット環境が必要なのはiPhoneで、Androidの場合は手動設定ですのでネット環境は必要ありません。さらにsimとセットでスマホを購入される方は設定済みで送られてきますので到着してすぐに利用できるようになっております。

 

2016年8月現在の格安simシェア


1位:OCNモバイルONE
2位:IIJ
3位:楽天

 

人気と使い心地で選ぶ格安SIM総合ランキング

人気とシェア急上昇 楽天モバイル

 

楽天モバイルの公式サイトはこちら

 

ドコモ系MVNO業者

 

楽天モバイルはかなりおすすめしたいsimで、業界でも最安値を競うSIM。

 

迷っているなら楽天モバイルが総合的に見るといいと思います。

 

2016年に入りシェア数もメキメキ伸ばし、なんと3番手まで伸ばしています。

 

新プランを発表してから、通信速度が遅かったという声も少なくなってきました。

 

ただ一番安い200Kbpsまでしか速度の出ないプランは、速度はあまり期待しないほうが良いという声が多いです。

 

管理人は契約するなら3.1GBプラン以上をおすすめします。

 

楽天モバイルには有料になりますが「5分かけ放題プラン」があるので、通話は比較的よくする方にもおすすめです。

 

楽天モバイルとセットで買える端末

HUAWEI P9
HUAWEI P9 lite
AQUOS mini SH-M03
ZTE BLADE E01
arrows RM02
AQUOS SH-RM02
Desire 626
honor6 Plus
Liquid Z330
Mate S
VAIO Phone Biz
Xperia J1 Compact
ZenFone2 Laser
Zenfone Selfie
ZenFone 2
ZenFone GO

 

楽天モバイルとセットで買えるタブレット

ZenPad 8.0

 

端末補償もあるぞ!

 

楽天モバイルの料金

 

音声通話つき データ通信

低速200Kbps 1250円
3.1GB 1600円
5GB 2150円
10GB 2960円

低速200Kbps 525円
3.1GB 900円
5GB 1450円
10GB 2260円

 

楽天モバイルのiphone6のAPN設定と体感速度

 

楽天モバイルの詳細と特徴の解説はこちら

 

楽天モバイルの公式サイトはこちら

 

安さも速度も満足 DMMモバイル

 

DMMモバイルの公式サイトはこちら

 

ドコモ系MVNO業者

 

最安値ならココ。他社が値下げしたら必ず最安値を追い求める!

 

DMM.comは業界の最安値を常に狙ってる企業です。他社が値下げするとすかさず値下げを発表するくらいの意気込みです。

 

通信速度はイマイチという声がありますが実測では速度がでましたし、自信を持っておすすめできるSIMです。

 

DMMモバイルとセットで買える端末

Moto G4 Plus
acer Liquid Z530
arrows M02
AQUOS SH-M02
HUAWEI Ascend G620S
HUAWEI P9
HUAWEI P9 lite
HUAWEI Y6
HUAWEI GR5
Zen Fone Go
ZenFone2 Laser
ZTE Blade V6

DMMモバイルとセットで買えるタブレット

ASUS Zen Pad 7.0

 

端末補償もあるぞ!

 

DMMモバイルの料金

 

音声通話つき データ通信

200Kbps 1,140円
1GB 1,260円
2GB 1,470円
3GB 1,500円
5GB 1,970円
7GB 2,560円
8GB 2,840円
10GB 2,950円
15GB 5,270円
20GB 6,790円

200Kbps 440円
1GB 590円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1210円
7GB 1860円
8GB 2140円
10GB 2190円
15GB 4570円
20GB 6090円

 

DMMモバイルのiphone6のAPN設定と体感速度

 

DMMモバイルの詳細と特徴の解説はこちら

 

DMMモバイルの公式サイトはこちら

 

シェアで選ぶなら「OCNモバイルONE」

 

OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

 

ドコモ系MVNO業者
OCNは格安SIMの中ではシェア1位でブランド力もあり、混雑時は重くなりがちですが、ゲームや動画の見すぎによる3日制限もなく通信の安定度があります。

 

4000万回線突破は確実といわれているほど圧倒的なシェアです。

 

ここまで販売数を伸ばしているのは独自のマーケティングを確立しており、しばらくはシェア1位を維持しそうです。

 

OCNモバイルONEとセットで買える端末

HUAWEI P9 lite
AQUOS mini SH-M03
AuBee smartphone 「elm.」
gooのスマホ
ZenFone2 Laser(ZE500KL)
Zen Fone Go
Zen Fone Max

 

OCNモバイルONEとセットで買えるタブレット

ASUS ZenPad
Huawei P8max
YOGA Tab 3 10

 

端末補償はありません

 

OCNモバイルONEの料金

 

音声通話つき データ通信
110MB/日 1,600円
170MB/日 2,080円
3GB/月 1,800円
5GB/月 2,150円
10GB/月 3,000円
500kbps(15GB/月) 2,500円

110MB/日コース 900円
170MB/日コース 1380円
3GB/月コース 1100円
5GB/月コース 1450円
10GB/月コース 2300円
500kbpsコース(15GB/月) 1920円

 

OCNモバイルONEのiphone6のAPN設定と体感速度

*APN設定の手順とyahoo!ニュース、youtube、楽天ショッピング,パズドラ,ツムツムの速度が体感できます。

 

OCNモバイルONEの詳細と特徴の解説はこちら

 

OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

 

速度の安定度もバツグン!サポートも厚い「mineo」

 

mineoの公式サイトはこちら

 

ドコモ・au系MVNO業者
mineoはドコモもauもMVNEを通さなく、直にドコモとauから回線を借りているためもの通信が安定しています。

 

シェアも業界4〜5位くらいまで伸ばしています。

 

ただ申し込みが殺到しているせいか、simが届くまで1週間待ちました。契約してからsimが届くのが他社と比べて一番遅かったです。

 

ドコモとau系のMVNO業者で、auスマホユーザやドコモのユーザーにも人気のSIMです。

 

ドコモ系のiPhoneやipadでも使えるのでこの点は同じau系のMVNO業者のUQ-mobileより勝っていると思います。
*OSのバージョンやiPhoneの世代によって使えない場合があるので要確認です。

 

mineoとセットで買える端末

・ドコモプラン
arrows M02

 

・auプラン
arrows M02
LUCE KCP01K

 

端末補償もあるぞ!

 

mineoの料金
音声通話つき データ通信

500MB
auプラン 1310円
ドコモプラン 1400円
3GB
auプラン 1510円
 ドコモプラン 1600円
5GB
auプラン 2190円
ドコモプラン 2280円

500MB
700円(au・ドコモ共通)

3GB
900円(au・ドコモ共通)
5GB
1580円(au・ドコモ共通)

 

mineo(ドコモプラン)のiphone6のAPN設定と体感速度

 

 

mineoの詳細と特徴の解説はこちら

 

mineoの公式サイトはこちら

 

人気で選ぶなら「IIJmio」

 

IIJmioの公式サイトはこちら

 

ドコモ系MVNO業者

 

業界では老舗。ユーザー人気は1位!なんと格安SIMの「IIJMIO」がなんと100万回線を超えました。

 

通信速度もMVNE業者なので安定しています。

 

(MVNEとはキャリアから直接レンタルしている業者のこと。MVNOはMVNE業者からレンタルしている。)

 

人気も関わらず当サイトではこの順位なのは、通信の使いすぎによる3日制限があるのと、料金面ではちょっと高いかなという評価です。

 

低価格よりも品質を重視しているので仕方ないかなという印象です。

 

ただ家族でシェアできるプランがあり、1契約で最大10枚まで申し込むことが出来ます。(3枚目まで無料。4枚目からは月額400円+されます)

 

1契約で済むので、3000円ほどの事務手数料がかからないわけです。家族でもつならIIJmioのファミリープランはおすすめです。

 

IIJmioとセットで買える端末

HUAWEI P9 lite
HUAWEI GR5
ASUS Zen Fone Go
ASUS Zen Fone max
arrows M03
arrows M02
ASUS ZenFone 2 Laser

 

IIJmioとセットで買えるタブレット

MediaPad T1 7.0
*wi-fiルーターのAterm MR04LNとセット販売です。

 

端末補償もあるぞ!

 

IIJmioのiphone6のAPN設定と体感速度

*APN設定の手順とyahoo!ニュース、youtube、楽天ショッピング,パズドラ,ツムツムの速度が体感できます。

 

IIJmioの料金

 

音声通話つき データ通信

3GB 1600円
6GB 2220円
10GB 3260円

3GB 900円
6GB 1520円
10GB 2560円

 

IIJmioの詳細と特徴の解説はこちら

 

IIJmioの公式サイトはこちら

 

サービスも豊富でシェアも業界4番手。初めての方にBIGLOBE SIM

 

BIGLOBE LTE 3Gの公式サイトはこちら

 

ドコモ系MVNO業者

 

BIGLOBEはプロバイダーとして実績のある企業です。サポートも厚くサービスが豊富なので無駄がなく節約できます。

 

国内で通話をよくされる方は「BIGLOBEでんわ 通話パック」という通話用が安くなるプランがあります。

 

またwi-fiスポットも本来有料である「BBモバイルポイント」と「Wifiスクエア」が使えるのもプラスポイントですね。

 

さすが大手プロバイダーだけあってサポートも厚く、わかりやすい。初めて格安simにされる方にはおすすめしたいですね。

 

ビッグローブは料金は平均的ですが、大手プロバイダというのは魅力です。余談ですが管理人の回線は自宅はビッグローブです。

 

BIGLOBE LTE 3Gとセットで買える端末

HUAWEI P9 lite
HUAWEI Y6
Acer Liquid Z330
arrows M02
ZenFone Max
ZenFone 2 Laser
ZenFone2(ZE551ML)
Moto X Play

 

BIGLOBE SIMとセットで買えるタブレット

ZenPad 8.0

 

端末補償もあるぞ!

 

BIGLOBE SIMの料金
音声通話つき データ通信

1GB 1400円
3GB 1600円
6GB 2150円
12GB 3400円

3GB 900円
6GB 1450円
12GB 2700円

 

BIGLOBE SIMのiphone6のAPN設定と体感速度

 

BIGLOBE LTE 3Gの詳細と特徴の解説はこちら

 

BIGLOBE LTE 3Gの公式サイトはこちら

 

全体的に通信速度は遅い。サービスで勝負!U−mobile

 

U−mobileの公式サイトはこちら

 

ドコモ系MVNO業者
U-mobileはFreebitから格安SIMのインフラをレンタルしている2次業者ですが確実にシェアを伸ばしているMVNO業者です。

 

U−mobileはなんといってもLTE容量無制限でLTEが使いたい放題なところ。LTE使いたい放題は魅力!

 

動画もテザリングもゲームをするときも容量を気にしなくていいのはヘビーユーザーにとって最高の環境。

 

また音声通話つきの料金プランも他者と比べると最安値候補。

 

プランの中には「ダブルフィックス」という1GBまでは680円1GB超えると900円なるなど段階的に料金があがるので、節約を意識して使える使い勝手のいいプランもあります。

 

通信速度はどうかなという声もあり実測しましたが、下記の表のとおり現在はやはり速度はでない傾向です。

 

サービスで選ぶならu-mobileです。

 

U−mobileとセットで買える端末

HUAWEI Y6
arrows M02
Ascend G6
Blade V6
BlackBerry Passport
BlackBerry PRIV
Desire 626
Desire EYE
Mate S
NuAns NEO
ZenFone2 laser
ZenFone2
ZenFone Go

 

端末補償もあるぞ!

 

u-mobileの料金
音声通話つき データ通信

3GB 1580円
5GB 1980円
無制限 2980円
ダブルフィックス
通信量1GB以下だと1,480円
1GB超えると1,780円

1GB 790円
5GB 1480円
無制限 2980円
ダブルフィックス
通信量1GB以下だと680円
1GB超えると980円

 

u-mobileのiphone6のAPN設定と体感速度

 

U−mobileの詳細と特徴の解説はこちら

 

U−mobileの公式サイトはこちら

 

 

UQ−mobile

 

UQ−mobileの公式サイトはこちら

 

ドコモとau系両方のMVNO業者

 

auから直接通信網を調達しているMVNE業者。

 

毎月「arrowsMO2」で速度通信していますがUQ−mobileはauの1次業者のせいか通信速度の安定度はトップ!

 

iPhone6とLTEのBAND(対応周波数)も同じなので、速度の信頼性はあるでしょう。

 

8位という順位ですが、ゲームアプリをよくプレイする人は間違いなくUQ-mobileです。

 

上位7つの業者よりも速度は出ましたし、無制限プランのある格安sim業者4社(u-mobile,UQ-mobile,ぷららモバイル、DTの中では1番速度でました。

 

実用性は十分あるSIMです。

 

いまのところデータ繰越はできないが通信の安定度はトップクラスなのは見逃せないですね。

 

ただデータ通信プランはiPhone系ではほぼ全滅で使えないようです。ipad系も厳しい。

 

iPhoneシリーズやiPadでは使えませんので注意してください!ドコモ版もau版もsimフリー版も×。

 

simフリーのアンドロイド端末で利用するならおすすめ。

 

UQ−mobileとセットで買える端末

arrows M02
KC-01

 

端末補償もあるぞ!

 

u-mobileの料金
音声通話つき データ通信

3GB 1680円
無制限 2680円

3GB 980円
無制限 1980円
SMS機能:無料

 

uq-mobileのAPN設定

*機種は「arrowsMO2」

 

UQ−mobileの詳細と特徴の解説はこちら

 

UQ−mobileの公式サイトはこちら

 

自社メディア

 

お時間あるときにまた来て頂けると嬉しいです!