Mobile Wi-Fi E5388

【Mobile Wi-Fi E5383】 大容量バッテリーのsimフリールーター!対応バンドも多いぞ

発売日:2015年12月25日

120gとコンパクトなのに3000mAhと大容量バッテリーを積んでいるため、13時間という長時間使用が可能になっています。

 

かさばりやすいモバイルルーターですが、あまり気にせず持ち運べるサイズです。

 

13時間というと半日ですが、家を出てから帰るまでなら十分ですし、旅行の場合でも使わないときは電源を切っておくなど気をつけていれば問題ないでしょう。

 

しかも画面はタッチスクリーンになっており、視覚で直感的に操作することが可能で、設定も楽に行えます。

 

LTEに対応しているので、3GだけでなくLTEが繋がるところでは通信速度が速くなるのは頼もしいですね。

 

よくホテルや空港などにあるWi-Fiスポットと繋ぐこともできるので、通信量を抑えながら使うことができるのはよく配慮されています。

 

また、面白いのは専用アプリをインストールすると、スマホやタブレットから電池残量や通信量を確認することができます。

 

鞄に入れたまま使っていると、あとどれくらい電池が持つのか分かりませんし、月末になるとあとどれくらい通信できるのかも気になりますよね。

 

もちろん機器の画面自体にも表示されてはいますが、わざわざ取り出さなくても分かるのはとても便利です。

 

このルーター自体は大手通信販売サイトから家電量販店など様々な場所で販売されています。実際に手にとって見ることで判断がつきやすいので、店頭で確認してから割安な通販サイトで購入するというのもいいでしょう。特に120gという重量は実際に持ってみると驚くほど重さを感じないので、持ち運ぶことが前提の場合はかなり魅力に感じるはずです。

 

 

Mobile Wi-Fi E5383のスペック

バッテリー容量 3000mAh
simカード Micro sim
対応バンド

LTE:B1/B3/B19/B21
UMTS:B1/B6/B19
IEEE802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)

重さ 約120g
同時接続台数 WiFi接続10台 / USB接続1台

simと購入するとお得になる格安sim業者

 

  価格
OCNモバイルONE 16649円(税込17980円) 

SIMカードが実質無料

 

価格.comの口コミ


 

関連ページ

【月額が安く通信無制限!のWimax2+(ワイマックスツープラス)】契約するなら「ネット代理店」がおすすめ
ネットからの申し込みのほうが人件費をかけていない分、月額も安いし、キャッシュバックも多めです。キャッバックと月額の安さをみると驚くくらいの額です。
【2016年度版】失敗しないはじめてのモバイルwi-fiルーター(ポケットwifi)の選び方
失敗しないモバイルwi-fiルーターの選び方をて徹底解説します!
本家UQのWiMAX2のモバイルwifiルーターの特徴とキャッシュバックの受け取り方について解説!
サポート体制が充実しており、インターネットに対して抵抗感があったり、デジタル機器が苦手な人の場合、WiMAXサービスの本家本元であるUQ WiMAXでの契約は安心感が得られます。
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
ビッグローブのwimaxの月額料金や初期費用、キャッシュバックの期限やいつもらえるのか詳しく調査しました。
GMOとくとくBBのWiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
なんといっても料金の安さがウリ。wimaxの通信速度はどの代理店から申し込んでも同じなので、「だったら安いほうが良いよね」いう人向けです。
So-net モバイル WiMAX 2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
料金プランとしては、月額が業界最安レベルに設定されているため、毎月の支払い額を抑えたいユーザーには最適です。
【Speed Wi-Fi NEXT W03】購入したよ。評判・口コミ通りやっぱり快適だった
ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ワイモバイル自体の長所はとにかく安いことにあります。ライト向けのプランや端末が多めですから、そんなに使わないけど外出時のネット環境は欲しいといった方にはピッタリです。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ドコモはそのブランド力から通信速度も素晴らしく、モバイルWi-Fiルーターそのものの品質も高品質であり、故障などのトラブルを聞くことは少ないです。エリアの広さは日本一ですし、何かトラブルがあればサポートセンターがとても丁寧に対応してくれます。
auのモバイルWi-Fiルーターでおすすめはこの機種!
ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
キャッシュバックキャンペーンや割引が豊富にあり、それを受けられるソフトバンクユーザーの場合は格安提供や速度自慢の他社と比べても遜色ないサービスとなります。しかし、料金とサービス内容に関してはヘビーユーザー向けではないのは間違いありません。
格安SIM×SIMフリーWifiルーター人気の機種ランキング
格安SIM×SIMフリーWifiルーターでおすすめの機種はスボリコレ!
【AtermMR04LN】simフリーのモバイルルーター。デュアルsim対応で海外でも使用可能!
AtermMR04LNの特長の一つは、なんといってもデュアルsim対応。2枚のsimが挿せます。国内用と海外用に分けることも可能。
【Aterm MR05LN】nano sim対応。ドコモ回線の格安simならエリアに困らないぞ!
最大の特徴は、3つの周波数を利用して最大受信速度375Mbpsを実現していること。
【AirCard AC785】バッテリーの持ちは悪いけど価格で選ぶならコレか。
1万円前後で買えるsimフリーのモバイルルーター。コスパはいいぞ!
【ZTE MF920S】良くも悪くもなくといったところか。中国製のsimフリールーター。
SIMカードは標準サイズのものなので、nanoSIMなどを誤って挿入してしまった場合、取り出せないということになりかねませんのでご注意を。
【ZTE MF98N】5000mAhという大容量バッテリーだけにやや大きく重いぞ!
鞄などに入れて持ち運ぶ分には問題ありませんが、ポケットなどに入れる場合には少し気になるかもしれません。
ポケットWi-Fiのスマモバは速度が遅く実は無制限ではない?!という疑惑が!
私自身ビックリしたのですが、HPに無制限と書かれているのですが、違うHPでは「制限します」とかかれてあって、真意がわからない状態です。
引っ越し先のネット環境は固定回線よりモバイルwifiルーター
新居や引っ越しで新しくネット回線を引くとき、モバイルwifiか固定回線か迷いますよね。あらゆるケースでの解決方法を網羅しました。
モバイルwi-fiルーターてっいいの?メリットデメリット教えて!
モバイルwi-fiルーターは良い面も悪い面もあります。詳しく解説していきます!
モバイルwifiルーターを有線化するなら「クレードル」
クレードルとはモバイルWi-Fiルーター本体を充電しながら設置しておくためのスタンドです。