格安SIM×SIMフリーWifiルーター人気の機種ランキング

格安SIM×SIMフリーWifiルーター人気の機種ランキング

SIMフリーWifiルーターを1台購入すれば、海外でも使えるし、長い目で見れば節約になる。

 

SIMフリーWifiルーターに使用するデーター通信用の格安simは、解約違約金がないから気軽に乗換えやすいというのがいい。

 

ここでは売れ筋のSIMフリーWifiルーターをご紹介するぞ!

 

発売日:2015年7月16日
AtermMR05LNが発売されても根強い人気のAtermMR04LN。スペックではAtermMR05LNの方が上ですが、大きく違う点はAtermMR04LNはmicrosim対応だということ。すでに格安スマホなどで、Microsimを使っている人は価格の安いMR04LNのほうを選択する傾向にあります。また最大16台接続できるビッグダディなsimフリー端末。新型のMR05LNは最大10台。またBand17に対応してるのでアメリカなどの海外で使う人はコレ。

発売日:2016年9月1日
Aterm MR04Lnの後継機で、nanosim対応、デュアルsimの切替が自動でできる、待ち受け時間も伸び、全体的にグレードアップしているぞ!ただMR04と比べて対応バンドが減り、GMSなどの2Gへの対応がなくなりました。AtermMR04LNと比べて、対応バンドが削られたので海外で使用する際は注意が必要。

発売日:2015年12月25日
13時間連続使用可能のまぁまぁ電池もちがいいsimフリーのモバイルルーター。ドコモの1.5GHzLTE、cat6対応で、対応バンド数も多いのも特徴だ。

発売日:2015年6月下旬
価格が1万円前後とかなりお財布にやさしいルーター。アマゾンでは1位2位を争う人気ぶりだ。海外や車で使う人が多いようだ!ただ、ちょっとサイズが大きいかな。

発売日:2016年5月27日
可もなく不可もない中華製のsimフリールーター。対応simが標準simとなんとも使いにくい印象。14000円前後。

6位

発売日:2014年 4月
バッテリーが5000mAhと長時間持続しますが、170gとやや重くサイズも大きめ。発売日も数年前だけにどうかなという評価。

SIMフリーのモバイルルーターの特徴は?

モバイルwi-fiルーターの主な魅力は

 

・SIMフリーなのでSIMの契約会社、通信タイプがユーザー意思で選択できる。
・最低契約期間がない。

 

この2点が挙げられます。

 

 

格安simのデータ通信プランは解約による違約金がないのだ!


 

 

お~自由度高いね~


 

SIMフリーのモバイルルーターはWi-Fiのモバイルルーターと違い、LTEや3Gを利用したモバイルルーターです。

 

携帯をルーター代わりとして使っているとイメージすれば分かりやすいでしょう。そのため、Wi-Fiと比べるとどうしても通信速度が落ちてしまいます。

 

ただ、Wi-Fiに対応している地域は都市部や人口が多い場所に集中しており、地方の山間部や少しでも対応エリアから離れてしまうとWi-Fiのモバイルルーターは使うことができません。

 

3GやLTEであれば全国ほとんどの地域をカバーできますし、通信速度が気にならないのであればむしろこちらの方がどこでもつながります。

 

さらに、SIMカードを使っているため、海外旅行でも現地のSIMカードを挿入して使うことができます。

 

パソコンや携帯を使うとき、わざわざ携帯そのもののSIMカードを挿し直してルーター代わりにしなくて良いのは便利ですよね。

 

携帯のSIMカードを替える場合、携帯の充電がなくなってしまえばそれでインターネットは全く使えなくなってしまいますが、ルーターの場合はパソコンからでも繋ぐことができます。ルーターの電池の持ちは長いので、電池の減りを気にせず使えますし、持ち運びが少しかさばるかもしれませんが持っておけばかなり便利なものです。

 

さらに料金でいえば2年縛りもなく、月額料金もWi-Fiのものに比べればなかに安くなっています。これだけ普及している通信方式だからこそ安くできるという点は非常に魅力と感じる方が多いのではないでしょうか。

 

モバイルルーターで格安SIMを使って、Wi-Fi環境を作ることができるわけですが、もちろん、そのためにはモバイルルーターが、所有している格安SIMカードに適合してくることが条件となります。

 

モバイルルーターの中には、使えるSIMが限定されていることも多くなりますので、しっかりと適合したものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

格安SIM×SIMフリーWifiルーターのメリット

分かりやすいメリットとしてはWi-Fiのルーターと比べると月額料金が安く、電波の繋がる地域がほとんど全てだということです。

 

Wi-Fiの場合は都市部でも室内に入ったり建物の間に入ったりすると急に電波が弱くなったり繋がらなくなったりすることがあります。

 

3GやLTEを使用しているルーターの場合、携帯を思い浮かべてもらえば分かりやすいですが、電波の繋がらないところはほとんどないでしょう。

 

また、利用プランがWi-Fiのものと比べて細かく設定されており、少ないデータ通信量の人は無駄に出費をしなくても安くルーターを持つことができます。

 

SIMカードは自由に抜き差しできるので、例えば違う会社のプランに替えたいときでも、ルーター自体は変更せずにSIMカードのみ替えれば良いのは簡単です。

 

これは海外旅行で現地のSIMカードを使えるということでもあります。

 

格安simはシチュエーションによって使い分けれるのが便利

格安SIM×SIMフリーWifiルーターの組み合わせの場合、モバイルwifiルーターとデータ通信用のsimを選んでご自身で契約することになるのですが、データ通信用のsim1枚あれば、スマホやiPad、SIMフリーWifiルーターでも使用可能だという点です。

 

たとえば、格安simをSIMフリーWifiルーターに挿して、スマホはsimカードなしでwifiでネット接続するという使い方もできます。

 

またsimなしのスマホでもIP電話で通話することも可能です。

 

容量プランの選択肢が豊富

Wimaxやドコモ,au,ソフトバンク,ワイモバイルなどのモバイルwifiルーターは1ヶ月あたり7GBを越えると制限がかかりますが、格安simによっては1GBや10GB、無制限のプランもあるので、ヘビーユーザーにもライトユーザにもピッタリな組み合わせを選ぶことが出来ます。

 

「もうちょっと容量増やしたいなぁ」
「容量余るから少ないプランでいいや」

 

など思ったときは、データ通信用simはほとんどの業者は縛りがないので、コストをかけずに乗換えすることができるんですね。

 

自由度が非常に高い。

 

格安SIM×SIMフリーWifiルーターのデメリット

一方、デメリットもいくつかあります。まず、ルーターの購入費がかかってしまうこと。

 

これは意外と高額になってしまうこともあり、2万円前後が相場です。また、月のデータ通信量が多い人の場合、逆にWi-Fiのルーターと契約する方が安い場合もあります。

 

特に都市部などでは多くの地域でWi-Fiは入るので、通信速度も速くこちらの方が良いでしょう。

 

どれくらいの通信量を使うかによって変わるので、しっかりと吟味しないと折角料金が安くなると思って契約しても高くなる場合があるので注意が必要です。

スマホ側にsimが挿入されていなくても通話はできる?

SIMフリーWifiルーターでデータ通信用のsimを使用しているとき、スマホで通話できなませんが、IP電話なら通話することができます。

 

IP電話でも使用可能と不可がある

注意したいのがNifMoでんわ、みおふぉんダイヤル、BIGLOBEでんわなど格安SIM事業者がオプションで提供しているアプリはsimカードが必要になってきますが、050PlusやSMARTalkはsimカードがなくても、wifi環境があれば通話することが可能です。

関連ページ

【月額が安く通信無制限!のWimax2+(ワイマックスツープラス)】契約するなら「ネット代理店」がおすすめ
ネットからの申し込みのほうが人件費をかけていない分、月額も安いし、キャッシュバックも多めです。キャッバックと月額の安さをみると驚くくらいの額です。
【2016年度版】失敗しないはじめてのモバイルwi-fiルーター(ポケットwifi)の選び方
失敗しないモバイルwi-fiルーターの選び方をて徹底解説します!
本家UQのWiMAX2のモバイルwifiルーターの特徴とキャッシュバックの受け取り方について解説!
サポート体制が充実しており、インターネットに対して抵抗感があったり、デジタル機器が苦手な人の場合、WiMAXサービスの本家本元であるUQ WiMAXでの契約は安心感が得られます。
BIGLOBE(ビッグローブ)WiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
ビッグローブのwimaxの月額料金や初期費用、キャッシュバックの期限やいつもらえるのか詳しく調査しました。
GMOとくとくBBのWiMAX2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
なんといっても料金の安さがウリ。wimaxの通信速度はどの代理店から申し込んでも同じなので、「だったら安いほうが良いよね」いう人向けです。
So-net モバイル WiMAX 2+の月額料金やキャッシュバックの受け取り方について解説!
料金プランとしては、月額が業界最安レベルに設定されているため、毎月の支払い額を抑えたいユーザーには最適です。
【Speed Wi-Fi NEXT W03】購入したよ。評判・口コミ通りやっぱり快適だった
ワイモバイルのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ワイモバイル自体の長所はとにかく安いことにあります。ライト向けのプランや端末が多めですから、そんなに使わないけど外出時のネット環境は欲しいといった方にはピッタリです。
ドコモのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
ドコモはそのブランド力から通信速度も素晴らしく、モバイルWi-Fiルーターそのものの品質も高品質であり、故障などのトラブルを聞くことは少ないです。エリアの広さは日本一ですし、何かトラブルがあればサポートセンターがとても丁寧に対応してくれます。
auのモバイルWi-Fiルーターでおすすめはこの機種!
ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターを独自で比較し評価
キャッシュバックキャンペーンや割引が豊富にあり、それを受けられるソフトバンクユーザーの場合は格安提供や速度自慢の他社と比べても遜色ないサービスとなります。しかし、料金とサービス内容に関してはヘビーユーザー向けではないのは間違いありません。
【AtermMR04LN】simフリーのモバイルルーター。デュアルsim対応で海外でも使用可能!
AtermMR04LNの特長の一つは、なんといってもデュアルsim対応。2枚のsimが挿せます。国内用と海外用に分けることも可能。
【Aterm MR05LN】nano sim対応。ドコモ回線の格安simならエリアに困らないぞ!
最大の特徴は、3つの周波数を利用して最大受信速度375Mbpsを実現していること。
【Mobile Wi-Fi E5383】 大容量バッテリーのsimフリールーター!対応バンドも多いぞ
LTEに対応しているので、3GだけでなくLTEが繋がるところでは通信速度が速くなるのは頼もしいですね。
【AirCard AC785】バッテリーの持ちは悪いけど価格で選ぶならコレか。
1万円前後で買えるsimフリーのモバイルルーター。コスパはいいぞ!
【ZTE MF920S】良くも悪くもなくといったところか。中国製のsimフリールーター。
SIMカードは標準サイズのものなので、nanoSIMなどを誤って挿入してしまった場合、取り出せないということになりかねませんのでご注意を。
【ZTE MF98N】5000mAhという大容量バッテリーだけにやや大きく重いぞ!
鞄などに入れて持ち運ぶ分には問題ありませんが、ポケットなどに入れる場合には少し気になるかもしれません。
ポケットWi-Fiのスマモバは速度が遅く実は無制限ではない?!という疑惑が!
私自身ビックリしたのですが、HPに無制限と書かれているのですが、違うHPでは「制限します」とかかれてあって、真意がわからない状態です。
引っ越し先のネット環境は固定回線よりモバイルwifiルーター
新居や引っ越しで新しくネット回線を引くとき、モバイルwifiか固定回線か迷いますよね。あらゆるケースでの解決方法を網羅しました。
モバイルwi-fiルーターっいいの?メリットデメリット教えて!
モバイルwi-fiルーターは良い面も悪い面もあります。詳しく解説していきます!
モバイルwifiルーターを有線化するなら「クレードル」
クレードルとはモバイルWi-Fiルーター本体を充電しながら設置しておくためのスタンドです。