【海外で使うポケットwifi】おすすめのモバイルwifiルーターはコレ

海外レンタルWi-Fi「JAL エービーシー」の特徴について

レンタルWi-Fiとレンタルスマホの会社で、非常にシンプルなプランなのが特徴です。

 

料金は他者と比べると高めで1日1,150円からとなっています。利用までの流れは「申し込み→受け取り(空港か宅配)→利用→返却」といった具合です。

 

しかしJALエービーシーでは宅配時は手数料がかかるのでご注意ください。

 

他社とは違ってWi-Fiレンタル専門の会社というわけではないため、サイト内でのプラン説明や概要などは少々説明不足気味かもしれません。

 

シンプルではありますが、詳しく知りたい方にとっては情報が物足りないないものかと思います。

 

評判としては目立った悪評も好評もないため、可も不可もなくといったところ。やはりシンプルさゆえの結果かと思われます。

 

注意点として、本サービスは他社と同じように紛失や盗難の際の安心保証が存在します。

 

しかし、保証プランに入っていても紛失の場合は15,750円の端末弁償があり、プラン未加入の場合はなんと78,750円もの大金が端末弁償代金として必要になります。

 

安心保証は1日210円なので、よほど長期の渡航でもない限りは加入しておいた方が賢明であると思われます。下手したら旅行代金にも匹敵する金額です。

 

国内海外共にレンタルが可能で、海外の場合でも成田国際空港、羽田空港(国際線)、関西国際空港では当日レンタルが可能です。当日貸し出しは在庫次第なので、急に必要になった場合は早めに行動しておきましょう。

関連ページ

【イモトのWi-Fi】一見するとネタ感満載な名前ですが、サービス自体はしっかりしていて評判も◎
珍獣ハンターでおなじみ、世界中を飛び回るイモトアヤコさんがイメージキャラクターになっているレンタルWi-Fiサービスです。一見するとネタ感満載な名前ですが、サービス自体はしっかりしていて評判も上々です。
【グローバルWi-Fi】世界200カ国以上の国と地域で利用可能なパケット定額制のレンタルWi-Fiサービス
定額制なのでみなさんが気になっている「追加料金」の心配もありません。利用までの流れは「申し込み→空港で受け取り→海外で利用→空港で返却」となっています。
海外用Wi-Fi「ワイホー」の特徴について
海外Wi-Fiレンタル|フォートラベル GLOBAL Wi-Fiの特徴について
海外でインターネット接続する方法。高額請求されないようにするには?
海外への旅行や出張・留学で出先でもインターネットを利用したい!人も多いはず。またネット接続することによる高額な請求がくるかどうかも不安な人もおられるでしょう。ここでは海外でインターネットを使う方法と高額請求を避ける方法を解説します。
国際ローミングとは?
実はスマホやケータイを海外でも利用できるサービスがあって、それを国際ローミングといいます。